女性に人気の資格やスクールの特集

MENU

いま女性に注目度の高いスクール一覧♪

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級講座)

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級講座)の特徴

少子高齢化が進んでいる日本では、年々介護を必要としている人たちが増え続けています。 そのため介護職員の需要はどんどん高まっています。就職する際にはとても重宝する資格です。 さらに、介護職員初任者研修は試験無しで養成講座を受講するだけで取得できます。 比較的取得しやすい資格であるにもかかわらず取得後メリットは多くあります。 「高時給の求人が多いこと」や「家族や自分自身が介護される側になった時にもとても役に立つ」等 資格には多くの種類がありますがその中でも今とても注目されている資格です!

取得のしやすさ 評価5
注目ポイント 試験なし 養成講座で取得
介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級講座)の詳細ページはこちら
リンパオイルマッサージ

リンパオイルマッサージの特徴

リンパオイルマッサージとは 今流行りのマッサージでリンパの流れを良くして老廃物を体外へ排出する作用を促すマッサージです。 この資格を取得することで、健康や美容への知識を増やすことができます! リンパオイルマッサージの資格を取得後、就職・開業など仕事に活かすのはもちろんのこと 自分自身の体質改善や美容のために学ぶ人も多いです。 この資格の学習方法は「通信講座」と「通学講座」の二種類があります。 自分のペースに合った方を選択して学べるので取得しやすいです! 美容や医療福祉の分野でとても注目されていて多くの女性に人気がありとてもオススメの資格です!

取得のしやすさ 評価5
注目ポイント 通信講座か通学講座から選択
リンパオイルマッサージの詳細ページはこちら
福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員の特徴

福祉用具専門相談員とは、福祉用具の選び方や使い方をアドバイスする専門家です。 高齢者・障害者の人たちが使用する福祉用具を、介護をする側される側の両方の視点から見極め 利用者のニーズに合わせ的確な選択をし、さらに正しい使い方を指導することができます。 福祉用具を扱う仕事を行うときに必ず必要な資格のため相談員を必要としているたくさんいます。 この資格を取得するとき試験を受ける必要はありません、講座を受けることで資格を取得できます。 そのためとても取得しやすい資格ですが、専門的な知識を身につけるので有資格者を求めている人たちが多くいます。 これからも必要とされる機会が多くなるのでますますニーズが高まっていく資格といえるでしょう

取得のしやすさ 評価5
注目ポイント 試験なし 講座で取得可能
福祉用具専門相談員の詳細ページはこちら

クローズアップ資格

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級講習)


※2013年4月1日からホームヘルパー2級は介護職員初任者研修に移行しました。

 

今後の高齢化社会については、もう逃げることのできない現実です。
それにより介護職員初任者研修の社会的な需要も高まっています。
介護系で働く場合には、最低でもこの資格を持っていなければ、まともな条件で働くことができませんね。
新制度となってからは、研修の最後に試験が導入されるようになりました。
まだ、そんなに難しくは無い試験で、ほぼ全員が合格するような内容とのことでしたので、今のうちに取得しておくことをお勧めします。

 

厚生労働省から発表されているカリキュラム

 

職務の理解:6時間

介護における尊厳の保持・自立支援 :9時間

介護の基本 :6時間

介護・福祉サービスの理解と医療との連携 :9時間

介護におけるコミュニケーション技術 :6時間

老化の理解 :6時間

認知症の理解 :6時間

障害の理解 :3時間

こころとからだのしくみと生活支援技術 :75時間

振り返り :4時間

 

合計 130時間

 

通信・通学講座選択で資格取得までの道のりが変わってきます。
できるだけ多くの資料を取り寄せて自分に一番合った講座を見つけましょう!

【シカトル】無料の資料請求はこちら♪

【BrushUP】無料の資料請求はこちら♪

資格やスクールを組み合わせて仕事に活用しましょ♪

せっかく勉強して技術を学ぶのですから、身につけた技術を有効に利用したいですよね♪
資格や技術は一つ持っていれば安泰ということではありません。
どのような技術を組み合わせるかによって、その人の個性や強みを打ち出すことができるのです。


例えばネイル系の技術を持っている人ならば、まつ毛のエクステやフィニッシングの技術を身につけると、既にいるネイルのお客様におすすめすることができますよね。
有料のサービスとして提供までしなくても、そうしたオシャレに関する技術を持っているということが、お客様から見たときの評価につながっていくのだと思います。
初めて資格やスクールで技術を身につけようと考えている方は、そういった周辺の資格を取得することも視野に入れて、どの分野を選ぶか検討することをおススメします♪