アーユルヴェーダの資格と相性が良いのは?

MENU

相性が良いのか?

 

インドの伝統医学です。

 

そのため、医療従事者が理念や考えを理解しておくことで、より幅広い医療サービスを提供することが可能といえます。

 

心の変化や体のことなどあらゆる面でアーユルヴェーダの知識と技術が生かせます。

 

そのため妊婦や産後のケア、新生児などにもドーシャの生命のエネルギーがいいといわれています。

 

主に予防医学として注目を浴びていますので、多くの医療関係者などからも注目されていて、生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防・改善の指導を行う立場でも、理解しておくといいと思います。

活躍の場が広がる資格

現在日本では、エステやサロンにおいて美容やアンチエイジングの手段として取り入れられていることが多いです。

 

職業として活かすのであれば、あんまマッサージ師やエステティシャンなどで活躍の場が広がります。

 

心と体に力を与えるセラピストとして、知っていると良い知識といえます

 

他にも、瞑想やヨーガなどに取り入れることができるので、ヨーガのインストラクターもアーユルヴェーダを理解することで、より深いインストラクションが可能になります。

 

ヨーガ・呼吸法など自分に合った美容健康法が身につけられるのもうれしいですね。

 

ヨガは、始める前にプラナヤーマ の呼吸法で全身に酸素がいきわたるようリラックスしていくことが大事です。

 

プラナヤーマ とは肉体、精神を日ごろのストレスから開放してあげるできるのでこの呼吸法だけでもマスターしてしまうだけでも健康な体の弟1歩といえるでしょう。

 

また高齢化が進んできているためどれだけ健康で長生きすることが出来るかも注目されています。

 

介護をいらない体づくりにヴァータのバランスが多く影響しているとも言われています。

 

アーユルヴェーダは食事法やオイルでのマッサージなど日常生活に密着しているので、栄養士や調理師などでも活用することができる知識といえます。

 

また食育アドバイザーともとても相性がいいです。

 

その季節にあった旬のものを取り入れアーユルヴェーダのドーシャ診断で自分が干しているものをいかに効率よく体に取り入れていくかなど平行して身につけるとアドバイザーの幅もよりひろがります。

 

現在健康に気をつけている方が多くなってきているた食事法にも深くかかわってきますので、人気の野菜ソムリエやフードアナリストなどの資格と一緒に合わせて知識を得ておくことで、食の専門家としてもう一歩踏み込んだアドバイスができるはずです。

 

アーユルヴェーダと他の技術をあわせることによりレベルアップすることまちがえないでしょう。

 

日常生活から生命の根本までを示しているアーユルヴェーダを学ぶことは、様々な観点から健康維持増進に関わる資格と相性がいいといえます。

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられるアーユルヴェーダのスクール&講座はこちらへ♪

アーユルヴェーダの資格と相性が良いのは?関連するページ

どんなマッサージ?
テクニックとは
講習が役立つときは?