アーユルヴェーダとはどんなマッサージ方法なのか?

MENU

どのようなものか?

古代インドから伝わる伝統医学です。

 

サンスクリット語の「アーユス:生命」と「ヴェーダ:知識・真理・学問」が合わさる生命の科学とも言われています。

 

日本では、美容や癒しの効果に注目が集まり、主にエステやリラクゼーションサロンなどでアーユルヴェーダの一部が取り入れられています。

 

インドでは5000年の歴史を誇る医学として、人々の日常生活に深く根付いています。

 

医療としてはもちろん、食事・睡眠・体調管理に至る様々な面で日々の生活を健康に幸せに暮らしていくために、アーユルヴェーダの理論が使われています。

 

アーユルヴェーダの技術はとても幅が広いためスクールに通った方からといってすべて習得できるわけではありません。

 

入門編としてはビギナーコースを選ぶことをお勧めいたします。

 

日本アーユルヴェーダ普及協会 (JAPA)で資格を取得するとトリートメントサロンやリラクゼーションを行うことができます。

 

実際に体に触るので妊婦や授乳中の人、また高血圧などの個々の健康状態を十分把握した上でマッサージを行うことが基本となっています。

 

JAPAの資格を取得して代表的な施術であるアビヤンガ・シローダラーなどを行うことが出来ます。

 

アビヤンガとはオイルを使い全身の毒素を取り除くようマッサージしていきます。

 

シローダラーとは選び抜かれたハーブと使い1リットルのハーブオイルを額にゆっくり垂れ流し神経系作用しリラックス効果を促していくものです。

 

体の毒素が取り除けるとTVなどで話題になったことにより注目のマッサージ方法をして人気があります。

 

また十分時間をかけ、リラクゼーションとして価格もそれなりにかかりますので、最高の贅沢を体験できるとセレブ御用達のマッサージ法です。

 

 

いま注目の予防医学

アーユルヴェーダの発祥には、インドやスリランカの宗教的理念などが深くかかわり、その考えや理念が日本に合わない部分もあります。

 

また、使用するオイルや薬草・スパイスなどが日本では認可を受けていないという問題もあり、全てを取り入れるのは難しいとされています。

 

しかし、食事・瞑想・ヨーガ・マッサージなど、心身を落ち着け身体の健康を保つ方法として幅広く考えが示されているため、日本においては美容・癒しの観点で取り入れられていることが多いのです。

 

現代では、西洋医学の代替手段として注目をされている医学で、予防医学として広がりを見せています。

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられるアーユルヴェーダのスクール&講座はこちらへ♪

アーユルヴェーダとはどんなマッサージ方法なのか?関連するページ

テクニックとは
講習が役立つときは?
相性が良い技術とは?