アーユルヴェーダの講習が役立つときは?

MENU

講習を受けるとどのような時に役立つか?

基本理念は「予防は治療にも勝る」というものです。

 

心身が健康なうちからアーユルヴェーダを取り入れた生活を心がけることで、心身の健康のバランスを保ち、良好な状態を維持するのです。

 

考えや理念は専門的な医学知識としてだけではなく、日常生活にまで深くかかわってきています。

 

病気になった時やケガをしたときなどと限定せず、生まれてから死ぬまでの生活を健康に過ぎしていくために日々取り入れていくことが望ましいといえます。

食事の取り方

インドでは、生活の中にアーユルヴェーダが溶け込んでいます。

 

一日をどう過ごすか、いつ起きてどのように過ごすとエネルギーに満ちた一日を送ることができるかなどもアーユルヴェーダの示した通りに生活しています。

 

ドーシャの教えは3つの体質に分類することが出来ます。

 

カパ・ピッタ・ヴァータそれぞれ体質にわかることができます。

 

カパは水といわれています。

 

運動不足から太りやすく脂分などは控えヘルシーなものをお勧めします。

 

ピッタは火です。

 

汗をかきやすく暑さに弱く寒さには強いといわれています。また食欲旺盛なので食事には注意が必要です。

 

塩分やスパイス系のものは控えることをお勧めいたします。

 

ヴァータは風です。

 

痩せがたなひとが多いようです。

 

体の冷えていることがあるので温かなものを摂取することをお勧めいたします。

 

上記の3つのうちどれに当てはまるのかを見極め、その人がどの体質なのかによってその人が干しているものをアドバイスすることができます。

 

人が生きていく上で食事はとても重視されていて、いつ食べるのか、どこで食べるかはとても大切なこととされています。

 

 

今オーガニックといって天然素材のそのものを見直し無添加にこだわっているものが注目されています。

 

化学薬品や化学化粧品など改良されてきていくものがオーガニック製品のよさを見直し傾向にあります。

 

アーユルヴェーダではどこで取れた食材なのか、どういった調理法が良いのかなど、季節や時間に合わせて変化する消化器官の働きに合わせて食事も変えると良いという教えがあります。

 

アーユルヴェーダが注目されてきているのも理解できますね。

 

このように、生活に自然に取り入れていくことで健康を保つのがアーユルヴェーダの根本的な考え方なのです。

 

毎日の食事にアーユルヴェーダの理念を取り入れることにより健康維持や今必要としているものを見極め、自分も家族や周りの人を健康にしてあげられるのもうれしいですね。

 

また最近はアーユルヴェーダの理念が注目されているため資格保持者の講座等も良く開催されています。

 

このように幅広い活動が出来るのもアーユルヴェーダの知識があるからではないでしょうか。

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられるアーユルヴェーダのスクール&講座はこちらへ♪

アーユルヴェーダの講習が役立つときは?関連するページ

どんなマッサージ?
テクニックとは
相性が良い技術とは?