子育てママの資格取得のための勉強時間の作り方

MENU

子供に規則正しい生活をさせる

子育てママの資格取得のための、勉強時間の作り方は、子供の睡眠時間次第です。毎日、子育てママは大忙しです。24時間子供と一緒の生活で、ちょっとだけ自分の時間を確保できるのが、うれしい頃ですよね。逆を返せば、自由時間がほとんどありません。

 

いざ資格を取得したくても勉強時間がない…

 

一日の時間のほとんどは、育児と家事に奪われます。ここでは子育てママの資格取得のための勉強時間の作り方を紹介します。

 

子供に規則正しい生活をさせれば、昼寝をし、夜早く寝て、朝早く起きる生活が身に付きます。

 

寝ている時間こそが、まとまった勉強時間を確保できるチャンス!

 

月齢により異なりますが、3歳の子供は、最低一日12時間の睡眠が必要。

 

昼寝はだいたい2時間くらい、夜は10時間くらいの睡眠が必要です。夜はママが7〜8時間睡眠を取ることをイメージしても、一日4〜5時間は勉強時間を確保できますね。昼寝をしない子でも大丈夫。

 

その分夜早く寝かしつければ、昼寝の睡眠時間を補うように、しっかり眠ってくれますよ。

 

規則正しい生活は、子供の成長には欠かせません。早いうちからリズムを作っておけば、保育園へ入れるときに困りません。いいことづくめなのですよ。

 

しっかり生活のリズムを作って、勉強時間を確保しましょう。

自分も規則正しい生活をする

子供に規則正しい生活をさせるためには、まずママが規則正しく生活をしければなりません。

 

朝早く起きて、朝ごはん。

 

午前中は子供と公園に行って、午後は子供の昼寝タイム。起きたらちょっとお散歩。そして夕食準備、そして夕食…。

 

夕食を早めに済ませるのがポイントです。

 

まず一日の流れをイメージしながらリズムに合わせて生活すると、あっという間に子供を寝かしつける時間がやってきて、勉強する時間を確保できますよ。

試験日が近い!

勉強が間に合わなそう…そんなときは夫のヘルプ!

 

試験近くなって、勉強が間に合わない!と感じたら、身近な人にヘルプをします。

 

そこで活躍するのが夫です。

「休みの日に勉強したいから、子供たちいいかな?」とお願いしましょう。子供たちを外に連れ出してもらえば、集中して勉強する時間を確保できます。

 

お弁当を作って持たせ、午前から午後まで出かけてもらうのも、手ですよ。

 

帰ってきたら、「ありがとう。ホント助かるよ。」と、ねぎらえば「じゃ、次の週も…」と引き受けてくれるかもしれません。

 

夫に感謝を忘れずに!

 

急にお願いしても困らないように、日頃から夫をイクメンに育てるように心がけましょう。

子育てママの資格取得も夢じゃない!!

このように子供と24時間一緒の生活でも、乳幼児期は勉強時間を確保しやすい時期だと言えます。

 

それはたくさんの睡眠が必要だから。

 

これを踏まえれば、資格取得の勉強時間は確保できたようなものですね。ぜひ実行してみましょう。