そのプラン、実現できる?主婦の資格取得の検討方法

MENU

仕事したい!!資格をとろう

子育ての毎日…ふと「何かにチャレンジしてみたい!」と思うこと、ありませんか?

 

今の女性は、結婚して子育て専業主婦で一生を終える女性は少ないです。

 

平成23年度の国の調査でも、30代既婚女性の67%以上が仕事をしており、40代ではなんと70%以上になります。厚生労働省

 

既婚女性でも働くことが当たり前になりつつある現代。
どうせ仕事をやるなら、好きなことをやりたい。何かを始めるために、まずは資格取得から!
本当に実現できますか?

 

この仕事につくには、この資格が必ず必要!!!そういった状況であれば誰でも勉強をがんばれますが
なんとなく楽しそうだしいいかも・・・くらいの気持ちでは長続きをせずに、途中で挫折してしまうでしょう!

 

ですので、プランを立てることがとても大切になってきます。

本当に実現できますか?

でもちょっと待って!そのプラン、本当に実現できますか?◆

 

主婦が、男性や独身女性のように、すべての時間を自由に使えるわけではありません。
忙しい時間の中で、資格取得のための時間を作るのは、簡単そうにみえますが実はとても難しいのです・・・

 

 

子供を預ける場所を確保できるか、家事をこなせるか…ライフスタイルを考えると、できるお仕事は限られてきます。

 

経験のある仕事なら、自分のライフスタイルと一致さえすれば、取得すべき資格を明確にし、迷わず社会復帰できます。でも新しく始めるとなれば、話は別。

 

まずはどんな仕事をやりたいのかを明確にしましょう。その上で、現実的に自分ができるのかを考えることが大切です。

 

私の経験を例に・・・。

 

私の経験を例に・・・。資格取得の失敗談

結婚当初から、好きな仕事を在宅でやる希望がありました。結婚してすぐにスクールに通い
興味のあったCAD(コンピューターで3次元ソフトを使う設計技術)の資格を取得しました。

 

当時は資格さえあれば、仕事ができると勘違いしていました。

 

在宅でCADの仕事をやるには、さらに建築の知識が必要だと知りました。

 

建築士の資格が必要…。

 

でも実務経験を経なくては取得できず…まず就職しなくてはなりません。

 

子育てを終えたばかりの、無知識な主婦を採用する企業はありません。

 

仮に就職できたとしても、建築で一人前になるには10年と言われています。やる気があればできるでしょう。でも犠牲にするものも出てきます。

 

そこまでして…と思うので、進路変更して現在に至りました。

 

結局、実現できないプランだったのです。目的を明確にし、資格を取得する前に、

 

本当にそのプランを実現できるかを考えなくては、取得した資格がムダになりますね。

 

私はとてもそれを痛感しました。

 

そうならないためにも、そのプランを実現できるか…よく考えてから取得しましょう。

実現できないプラン・・・・。