カラーセラピーと相性の良い資格は?

MENU

奥深く学ぶには

受講して他の資格と併用したい方であれば、色彩検定や、カラーコーディネーターの検定、またはリフレクソロジーといった講座もおススメ致します。

 

カラーセラピーは主に心理の分析を中心としたセラピーです。

 

その為、リフレッシュやストレスの軽減を目的とするリフレクソロジーは体のリフレッシュ効果もあり、カラーセラピーと併用して独立すれば体と心のリフレッシュをより高める事が出来ると思います。

 

また、カラーセラピーは色彩の知識や色彩と心理学の基礎知識を学びます。

 

こういった色彩と心理学の追求の為に色彩検定やカラーコーディネーターの検定を取得し、よりカラーについて奥深く学ぶ方も多いようです。

取得後に何をしたいか?

相性がいい講座や資格を選ぶのは、取得して将来的に自分は何をしたいのかで全く変わってくると思います。

 

独立したいのであればお客様のリフレッシュさを考えなければいけませんしメンタル面において支える場合であれば、カラーセラピーの他にもヒーリングなども知っているとお客様の満足度が違うかもしれません。

 

カラーセラピーと併用する講座を探している方であればまずは専門学校や講座の資料請求からしてみるとより詳しい内容が分かると思うのでおススメです。

 

色をメインしたお仕事でなくても相性のよいものはたくさんあります。

 

私たちの住む世界には、色はかかせません。色のないものは透明な水くらいでしょうか?

 

色が存在する世界

ファッションコーディーネーターというと、コーディネートを考える職業ですがただ、似合うからと選ぶのではく、やはり色も大事なポイントです♪

 

一般的には、3色まででまとめるととてもスッキリとしたコーデになると言われています。

 

そして、相性の良い色もあります。

 

たとえば、トップスに蛍光ピンクを着たとしましょう。ボトムスにも蛍光カラーの黄色をもってきたとしたらどうでしょうか?

 

逆に、全身黒や白だとどうでしょう?

 

とてもシンプルな着こなしになるとは思いますが何か物足りなさを感じます。

 

ここに差し色として、なにかアクセサリーや靴で色を足してあげるとぐっとお洒落度も増します♪

 

やはり、服装の大きなポイントは色ともいえるほど、とても重要な役割を果たすのがカラーです♪

 

日本古来からの伝統のお着物。

 

こちらもとてもカラーが重要です。

 

品のある女性を演出してくれる着物ですから、あまり派手な色使いですとそのイメージは半減してしまいますね・・・・

 

選んだ着物と帯、こちらの色の相性もとても大切です。

 

人間は、視覚からいろいろなことを理解していきます。

 

カラーセラピーの資格を取得すれば、たくさんの道が開けるのは確実と言えるかもしれませんね♪

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられるカラーセラピー&講座♪はこちらへ♪

カラーセラピーと相性の良い資格は?関連するページ

どのようなものか?
役立つときは?
仕事に活かすには?