福祉用具専門相談員講習&スクール

MENU

講習&スクール

資格を取得すれば福祉用具専門店への就職に有利になります。

 

それは福祉用具販売店やレンタルショップ店では、この資格を持つ人を最低2名いることが義務付けられているからです。

 

これからも、超高齢化社会が続きます。

 

長く生きるということは、身体や脳に影響が及ぼすようになり、普通に暮らすのも不自由になる人が増えてくることになります。

そこで、身体が不自由な人でも安心して暮らせるように作られた福祉用具が必要となり、その需要はどんどん伸びていく傾向があります。

 

もし家族が突然腰の骨を折ってしまったとします。

 

入院しているときは病院のベットや車椅子を使用しますので問題ありません

 

しかし家に帰ってからの生活が不自由になります。

 

特に歩行や入浴問題。

 

まったく知識のない人にとってはどうしていいのかわかりません。

 

とりあえずこれでいいかな。ないよりマシだろうといって購入。

 

安いものではないし体に合わないものを使用して怪我などしても困ります。

 

購入して失敗することは避けたいです。

 

これから高齢者社会。

 

これに対応して専門店の数も増えて行きますので、福祉用具専門相談員を必要とする数も増えて行きますので資格取得する意義は大きいものになっていくのです。

受講料も3万から5万と格安がうれしい

取得するのは意外に簡単で、福祉用具専門相談員の講座かスクールを探して受講すること。

 

講義時間は40時間とかなり短いものです。

 

筆記試験も無く、最短で5日取得するのは意外に簡単で、講座かスクールを探して受講すること、講義時間通うだけで、受講料も3万から5万と格安で取得できるためお得です。

 

介護関係の資格は就職に強いので、スクールによっては、取得後にお仕事紹介してくれるところもありますから、この就職難の時代には是非持っておきたいところです。

 

でも、取得したから、と言って福祉用具専門相談員として立派にやっていけるわけではないのです。

 

介護福祉の知識は奥行きが広くて学ぶべきことは沢山あります。

  • 福祉用具の選び方
  • 取り扱い方法
  • 取り付け方法
  • 調整の仕方

これらを利用者や利用者家族に対して適切にアドバイスできる相談員になるには介護、医療、福祉の幅広い知識を持つことが不可欠となります。

 

そのためには、他の介護の資格、たとえば介護職員初任者研修を取得することも良い方法です。

 

介護職員初任者研修は40時間の受講だけで取得できるのが魅力といえるでしょう。

 

資格を取得してからの経験や知識により、仕事の範囲は広がることと思います。

現場で役立つ

この資格はあくまで入り口と考えて、取得してからの勉強が重要だということを踏まえる必要がありそうです。

 

介護の仕事はこれからも増え続けていますので、日々学んでスキルアップすることが、重要となってきます。

 

介護職員初任者研修の講習は、介護が必要な利用者の入浴、食事、排泄のお世話をする介護士としての手法を学べますので相談員としての仕事に必ず役立つ資格といえます。

福祉用具専門相談員講習&スクール記事一覧

 

講座を受講することで試験なし♪40時間の講座で、最短5日で取得可能♪受講料3〜5万円♪講座内容介護福祉、医療に関する福祉用具の専門知識を有し、利用者にあった福祉用具の選定相談のできるプロフェッショナルアドバイザー。無試験・短期間(40時間)で、取得が可能です。あなたの地域で受けられる福祉用具専門相談員のスクール&講座は【BrushUP】こちらへ♪

 
 

日本の高齢化社会において、年々需要が増えているとされる福祉医療専門職ですが、誰でもがその職域に携わるということはできません。高齢者や要介護者の健康や命に関わる、重要な介助を担う役割であるからです。その為の必要知識を習得する目的として、介護医療には様々な資格があり、また、業務内容によっても違う知識を求められることもあるのです。市町村から認定された要介護者は、介護保険を利用して、訪問サービス 通所サー...

 
 

まず、介護保険のことをご説明いたします。介護を必要とされる人に支給される保険を、介護保険と言います。介護保険はお近くの市町村窓口にて申請をしなくてはなりません。介護が必要になり病院などから報告が行くわけでもありませんので自ら申し出て申請の手続きをしなくてはなりません。そのときに40歳から64歳までの方は健康保険証、65歳以上の方はお持ちの介護保険証を忘れず一緒に提出してください。高齢化や核家族化が...

 
 

年々、高齢化社会と共に需要が増加する福祉医療関連ですが、需要に伴い、求人数も増加しています。利用者が居宅において、能力に応じて自立した日常生活を極力行うことができるように、居住環境を考慮し適切な福祉用具の選定や援助、取り付けや調整を行い、利用者の日常生活の便宜を図って訓練を手助けするのです。また、利用者を介護する者への負担軽減を図るものでなければならない為、適切なアドバイスこそ、福祉医療の現場に必...

 
 

ひと言に、日本の長寿社会にあると言えるでしょう。平成23年時点での日本の平均寿命は、男性が79.64歳、女性は86.39歳と、5人に1人が高齢者だと言われるほど高齢化社会は延び進んでいます。全ての高齢者が福祉用具を必要としないほど健康なのであれば、福祉用具専門相談員の必要性などは無いのです・・。しかし、その思いとは裏腹に、手すりや歩行補助杖などに始まり、認知症高齢者徘徊感知機器や移動式リフトに至る...

 
 

介護保険制度の導入によって、介護施設利用の他に、福祉用具の利用者が急速に増えています。福祉用具も多種に渡って開発され製造販売されている現在。福祉医療に携わる者も知識が追い付かず、正しい使用方法で使いこなせていない場合が多いのです介護という日々の職域で手がいっぱいになり、福祉用具の知識や情報不足からくるものだと思われます。

 
 

「一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会」略して「ふくせん」といわれる団体があります。急速に高齢化する日本で、平成12年に公的介護保険制度が施行されました。介護保険制度の居宅サービスとしてレンタルでできるサービスが適用されました。福祉用具販売、レンタルには2名以上の配置が義務づけられています。(介護保険法)経過の中では様々な問題点の指摘がありました。居宅で受けるサービスの中での、福祉用具の購入やレ...