福祉用具専門相談員の資格を試験なし!最短5日で取得するわざ!!

MENU

福祉用具専門相談員(ふくせん)講座の特徴

 

講座を受講することで試験なし♪

 

40時間の講座で、最短5日で取得可能♪

 

受講料3〜5万円♪

 

講座内容

 

介護福祉、医療に関する福祉用具の専門知識を有し、利用者にあった福祉用具の選定相談のできるプロフェッショナルアドバイザー。

 

無試験・短期間(40時間で、取得が可能です。

 

あなたの地域で受けられる福祉用具専門相談員のスクール&講座は【BrushUP】こちらへ♪

講座について

最近注目されている福祉用具専門員=ふくせん  

 

ふくせんと呼ばれるようになっています。

 

平成18年度、福祉用具販売の指定基準に福祉用具専門相談員の配置が義務付けられたことにより、相談員として活躍する為には、十分な知識と経験に値する、資格取得が必要になりました。

特定福祉用具販売事業者も、事業所に福祉用具専門相談員の配属が必要になります。

 

特定福祉用具とは、

  • 腰掛便座
  • 特殊尿器
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具部分

の5つのことで、居宅介護福祉用具購入の際に、介護保険が支給される福祉用具のことを言います。

 

道具を上手に選び、要介護者一人一人のニーズに合わせたアドバイスができることは、介護保険適用にも関連してくるので、重要なことです。

 

だから、専門的な知識を身に付けて資格を持った相談員は、福祉用具説明や指導をする大切な人材なのです。

福祉用具専門相談員(ふくせん)のカリキュラム

その人材を育成する為に、講座が、各自治体・各団体によって行われています。

 

講座の内容としては、各講習によって多少の違いはありますが、老人保健福祉の基礎知識・介護保険の基礎知識・・リハビリテーション知識、そして、福祉用具の活用や介護技術などの実習を含めて、40時間の受講が主なカリキュラムになっています。

 

講座修了することで、修了証書が発行され、無試験で資格が取得できるのです。

 

高齢者の保健福祉に関連した法律や制度、また、高齢者の心理にも触れ、さらに医学的なリハビリテーションの基礎知識など、あらゆる観点から福祉用具専門相談員として求められる項目を学ぶことができます。

 

最終的には、福祉用具の重要性を学ぶことによって資格を取得し、実際に事業所などから居宅要介護者へと赴きます。

 

その際に学んだ知識を発揮できるような、講座内容、及び資格取得の為の講座になっているのです。

 

実際に講習に40時間通って取得することになります。

 

おうちに近い講習があるかどうか調べてみてから検討してはいかがでしょうか?

 

そして無料で福祉用具専門相談員の資料請求することができるので、それらをじっくりと読んでから決めるようにしてくださいね♪

 

あなたの地域で受けられる福祉用具専門相談員のスクール&講座は【BrushUP】こちらへ♪

福祉用具専門相談員の資格を試験なし!最短5日で取得するわざ!!関連するページ

講座の内容について
福祉用具専門相談員とは
求人状況
実用性について
活躍する場所
協会(ふくせん)について