福祉用具専門相談員は実用性があるのか?

MENU

実用性とは

ひと言に、日本の長寿社会にあると言えるでしょう。

 

平成23年時点での日本の平均寿命は、男性が79.64歳、女性は86.39歳と、5人に1人が高齢者だと言われるほど高齢化社会は延び進んでいます。

 

全ての高齢者が福祉用具を必要としないほど健康なのであれば、福祉用具専門相談員の必要性などは無いのです・・。

 

しかし、その思いとは裏腹に、手すりや歩行補助杖などに始まり、認知症高齢者徘徊感知機器や移動式リフトに至るまで、様々な福祉用具を必要とする高齢者が多いことが現実なのです。

 

そして、施設に入ることなく、居宅しながら介護を受けることを望む高齢者も増えた為に、さらに資格を持った人材の実用性が、日本社会にはあるのです

 

ケアホームが多くなりました。

 

最近のケアホームは以前人が住んでいた家設置基準にのっとって改築しています。

 

以前人が住んでいたという理由で親しみやすさから介護を受ける人に人気が出てきました。

 

マイクロバスやワゴン車で家の前まで迎えに来てくれて帰りも家の前までも送ってきてくれるため、デイケアサービスを利用している人が多くいます。

 

よく送迎者をみかけることも多いことでしょう。

 

また老老介護が多くなっていること現実です。

 

介護される人の負担を考えよい生活のためにも福祉用具の充実が求められるのもあたり前のことなのかもしれませんね。

 

プラスαのスキルアップとしても有効

ゆえに、福祉医療関係の仕事をしていなくても、専門知識を持つことで、家族が使用する福祉用具の取り扱いが楽になったり、戸惑いがなくなったりして、家族の介護を進めることができるという点においても、福祉用具専門相談員は実用的であると言えるでしょう。

 

施設ごとに用具専門家がいれば介護される方の状態によってアドバイスすることが出来ます。

 

やりがいのある仕事であること間違えありませんね

 

もちろん、福祉医療関係の仕事をしている方は、どれだけ用具が利用者の方にとって大事なことを実感していると思います。
実際に現場で経験をつみその人に必要な用具をアドバイスすることが社会貢献にもつながっていきます。

 

もちろんはじめはみんな経験、実績などありません

 

ですから資格取得の際に、まんべんなく基礎知識を学ぶことにより、専門分野への入口が容易になるでしょう。

 

また、実習において技術も身に付いているので、プラスαのスキルアップとしても有効です。

 

日本社会の高齢化が進む限り、福祉用具専門相談員取得者は必要とされるでしょう。

 

また福祉医療現場では、まだまだ人材不足です。

 

受講した講座内容や取得した資格を、十二分に発揮できる実用性があるのです。

 

【福祉用具専門相談員】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪