福祉用具専門相談員の求人状況について

MENU

求人状況

年々、高齢化社会と共に需要が増加する福祉医療関連ですが、需要に伴い、求人数も増加しています。

 

利用者が居宅において、能力に応じて自立した日常生活を極力行うことができるように、居住環境を考慮し適切な福祉用具の選定や援助、取り付けや調整を行い、利用者の日常生活の便宜を図って訓練を手助けするのです。

 

また、利用者を介護する者への負担軽減を図るものでなければならない為、適切なアドバイスこそ、福祉医療の現場に必要なものなのです。

 

ゆえに、福祉用具販売やレンタルを行う事業所では、資格を取得し、福祉用具の専門知識を持つ者2名以上の配置が義務付けられているのです

 

実際に、ハローワークや民間派遣会社からは常に、福祉医療関係の資格を持った人材を求めて各都道府県、多くの事業所から求人が出ています。

 

2名以上の資格取得者配置を義務付けられてからは、特に零細事業所では、福祉用具専門相談員の人材を求めているのです。

 

また、福祉医療経験者なら、さらに有利な求人条件となるでしょう。

 

しかし、このような福祉医療現場では、早々に離職してしまう者が多いことも現実問題です。

常に必要とされる人材

高齢者や要介護者が増える一方で、それに携わる職員の数が少ない為、職員一人当たりの業務分担が増えて労働の厳しさが増すことが理由として考えられます。

この問題を解決する為に、2009年に介護報酬プラス改定を行い、職員処遇改善給付金交付などの対策が講じられましたが、想定額より少ない増加であった為、報酬面ではまだまだ難しいとされています。

 

だから、事業所での専門求人は日々続いているのです。

 

求人はたくさん出ているのに専門家がいないという今だからこそチャンスです。

 

スクールには多くの求人がきているのも現実なのです。

 

資格をとりすぐに働けるのもうれしいことですね。

 

福祉用具は日々進化しています。

 

靴も履きやすいよう、また履かせやすいようマジックテープが大きく開くように工夫されています。

 

足の不自由な方は血行が悪くなってしまいがちなので浮腫んでしまいがちです。

 

幅広の靴を選んであげるといいと思います。

 

このようにとても細かいアドバイスができるのも体のこと用具のことを学んだ人だからこそわかりえることなのです

 

常に必要とされる人材だからこそ、取得と同時に、ホームヘルパーや社会福祉士資格を目指して生涯の職として考えることができるが人気の理由とも言えます。

【福祉用具専門相談員】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪