福祉用具専門相談員の資格を取得するにはどんな講座をうけるのでしょうか

MENU

ふくせんの講座とは

日本の高齢化社会において、年々需要が増えているとされる福祉医療専門職ですが、誰でもがその職域に携わるということはできません。

 

高齢者や要介護者の健康や命に関わる、重要な介助を担う役割であるからです

 

その為の必要知識を習得する目的として、介護医療には様々な資格があり、また、業務内容によっても違う知識を求められることもあるのです。

 

市町村から認定された要介護者は、介護保険を利用して、

  • 訪問サービス
  • 通所サービス
  • 短期入所サービス
  • グループホーム
  • 施設への入所

 

などのサービスを受けることができます。

 

その他としては、できるだけ居宅の状態で介護を支援する目的で、福祉用具購入やレンタルなどがあげられます。

 

このサービスもまた、介護保険適用に該当するのですが、常に職員がついている施設とは違い、要介護者や家族が使用する福祉用具ですので、正しい使用方法や用具の特徴を知っておく必要があります。

車椅子について

車椅子の場合、これから車椅子がその人の足となり移動手段となります。

 

車椅子にも、もちろんサイズがあります。

 

人は皆、体型が異なります。

 

体の小さい人が大きい車椅子を使用したらどうなるでしょうか?

 

足が床につかず、落ち着きません。

 

また足をのせるステップにも足が届かなかったり、またあまりすぎても体に負担がきてこまるものです。。

 

またタイヤの大きさもそれぞれ違います。

 

車椅子のタイヤは自転車のタイヤと同じように擦り切れたり空気が抜けていくのは当たり前です。

 

車椅子のタイヤは自転車と同じタイヤを使用することが多くあります、。

 

自転車と同じタイヤということは、パンク等で取り替えなどのメンテナンスが必要不可欠です。

 

車椅子のことに詳しい人はなかなかいないため専門家ではないと知らないことわからないことが沢山あります。

 

ちょっと高くてもデザインがいいとか、知識のない販売員の進めで決めてしまったなど・・・・。

 

特殊なタイヤを取り付け後悔した例もあります。

 

やはり使用するかたのためにも専門家の意見や知識を取得した人が販売員として常駐しているのが理想ですね。

 

その福祉用具を細かく説明する者が福祉用具専門相談員です。

 

このサービスを行う者も、決められた講習を受け資格を取得しておかなければなりません。

需要が多く注目の講座

資格取得は、各市町村で行う講習の他に、一般的な通信教育で受講することも可能です。

 

老人保健福祉に関する基礎知識を始め、介護と用具に関する知識や関連領域に関する知識を講習で習得。

 

その後、実際に用具を用いての実習を行い、合計40時間の受講で修了証書と共に資格を取得することができます。

 

今後益々重要が増えるであろう高齢者や要介護者へ、福祉用具や介護用具を専門的な目線から利用アドバイスをし、安全な使用方法を伝えることができるのです。

 

また、福祉用具の使用は、利用者の身体状態に合わせて住宅改造を必要とされることもあるので、ホームヘルパーや福祉環境コーディネーターと合わせて取得することで事業所でさらに活躍できる場が広がると考えられます。

 

【福祉用具専門相談員】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

福祉用具専門相談員の資格を取得するにはどんな講座をうけるのでしょうか関連するページ

試験なし!最短5日で取得するには
福祉用具専門相談員とは
求人状況
実用性について
活躍する場所
協会(ふくせん)について