福祉用具専門相談員とはどんなことをするのですか?

MENU

どんなことをするのでしょう

まず、介護保険のことをご説明いたします。

 

介護を必要とされる人に支給される保険を、介護保険と言います

 

介護保険はお近くの市町村窓口にて申請をしなくてはなりません。

 

介護が必要になり病院などから報告が行くわけでもありませんので自ら申し出て申請の手続きをしなくてはなりません。
 
そのときに40歳から64歳までの方は健康保険証、65歳以上の方はお持ちの介護保険証を忘れず一緒に提出してください。

 

高齢化や核家族化が進むにつれ、要介護者を社会全体問題として支えようとする仕組みとして作られた保険のことです。

 

とてもありがたい介護保険ですが・・・・。

 

少し前は介護保険を使用して長期入院をするかたが増えました。

 

社会的入院と言い、治療の必要が無いのに長期で入院を続けるといった現状問題があります。

それは、患者や家族の都合により「介護」という名の代替策のようなものでもありました。

 

その結果、ベッドが満床になったり救急難民を生み出したりした為、「介護は福祉で」という考え方から、介護保険制度が施行されたのです。

 

介護職の不足などで、重度要介護者が在宅で介護されることは困難ではありますが、要介護認定を受けることにより、介護保険が適用され、様々な介護サービスを受けられることになります。

 

それにより自宅での介護が増え、訪問介護やデイケアサービスが爆発的に増えたともいえます。

 

やりがいのある技術

介護サービスは、介護支援専門員(通称ケアマネージャー)と言われ、要支援・要介護認定を受けた人からの相談に応じ、居宅でのサービス計画や諸々の介護サービス事業者との連絡を取ったりして調整してくれる、公的資格を持った人との連携で行われます。

 

また、ケアマネージャーの資格を取る為には、5年以上の実務経験を積んだ者がなります。

 

その中の、訪問介護員2級以上の資格者は、自動的に福祉用具専門相談員となることができるのです。

 

長々と述べましたが、福祉用具専門相談員とは、

 

  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 保健師
  • 理学療法士
  • 訪問介護員2級等の取得者

 

受講資格は無い上記の人が、居宅介護をする際の福祉用具をレンタルし、その使用方法などを説明したり生活に欠かせない道具や、どのような福祉用具を使用するかなどの相談に乗ったりする役割を担う者のことなのです。

 

 

また、この資格は平成18年度からは、都道府県が行う講習会を40時間受講することで、認定される相談員のことでもあります。

 

【福祉用具専門相談員】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪