フラワーデザイナー取得して役立つこと

MENU

役立つこと

社団法人日本フラワーデザイナー協会の試験に合格することで社団法人日本フラワーデザイナー協会認定の講師になる道が開けます。

 

例えば、3級に合格し、正会員として協会に登録手続きを行うことで 「3級フラワーデザイナー」として認定されるので、転職する際履歴書に堂々と書きこめます!

 

フラワー業界において、社団法人日本フラワーデザイナー協会資格はとても有名です。

 

民間のフラワースクールで取得した資格とは違い、どの程度のスキルがあるのか採用側にもわかりやすいところが社団法人日本フラワーデザイナー協会の利点です。フラワーアレンジメントの経験がない初心者より転職に有利だし、即戦力として活躍できますね!

 

また、レッスンに通い続けて、協会の認定ではなくても教えるために必要な知識と技術に自信をつけた後に自宅で教室を開講する人もいます。

 

そして、資格取得後はたくさんの道が開けます♪

 

たとえば・・・

 

お花屋さん、有名ホテルやビジネスホテルのフロント、ディスプレイ会社、結婚式場レストラン、喫茶店など、資格を取得してフラワーショップなどで経験を積んでいけば
やがて、フリーとして活躍できるようになりますよ♪

 

 

また1級の資格を取得したら、フラワーデザインの講師としての道もあります。

 

気になる収入面ですが、技能の程度もよりますが生花店などのの初任給は、月額10万円から15万円くらいが相場と言われています。

 

将来、フリーで活躍するようになれば固定の顧客様ができ、指名されるようになったら、思いがけない高収入も期待できるかもしれませんよ♪

 

もちろん、独学でお花を生けたり、空間を作ったりすることもできますがステップアップして、ご自身のオリジナルの演出が見る人を癒し、楽しませて、喜んでもらえる素敵な資格なのです。

 

今が目指すチャンスかもしれません♪

誰もが認める「お花のプロ」

さらに長い年月をかけて花を極めたていきたい!という方は、社団法人日本フラワーデザイナー協会2級、1級を目指してフラワーアレンジメントのスキルを磨き続けてみましょう。

 

1級に合格後は、協会に登録申請して社団法人日本フラワーデザイナー協会認定の講師として認められ、生徒さんに教えることが

 

できるほか、講師向けの勉強会に参加し、フラワーアレンジメントのさらなるスキルアップを目指すことができます。

 

ここまでマスターできたら、誰もが認める「お花のプロ」。講師だけではなくフラワー業界のどこへでも通用する技術を修得したといっても過言ではないでしょう。

 

【フラワーアレンジメント】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

フラワーデザイナー取得して役立つこと関連するページ

どのようなものか?
相性のよい資格とは
技術とは?