フラワーアレンジメントとはどのようなものか?

MENU

どのようなものか?

フラワーアレンジメントの教室の多くは、それぞれ独自の資格試験を実施しています。

 

講師の資格取得を目指すコースや、試験に合格することでスクール独自の資格(民間資格)を取得したことを認定するコースなどがあります。

 

こうしたフラワーアレンジメントに関する試験の中で最も有名なのが、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)が主催するフラワーアレンジメントの資格試験です。

 

NFDの資格検定試験の歴史は、意外にも古く昭和42年から45年の歴史があります。

 

NFDの資格について少しご説明いたします。

 

合格できた人には、1・2・3級のフラワーデザイナーの認定が許可されます。

 

全国各地にたくさんの公認校があります。

 

 

その数はなんと約450校!!!

 

試験に合格し、NFDの認定を得た講師が全国各地で教室を開いており、そこでレッスンを受講することでNFDの受験に必要な知識と技術を身につけていきます。

 

NFDの資格取得を目標とするなら、NFD公認のフラワースクールに通うことが一番の近道です。

 

公認校では、ほとんどのスクールで高い合格率を維持しています。

 

認定を受けたフラワーデザイナーの方たちはたくさんの場所で活躍しています。

 

例えば・・・

 

フラワー店、カフェの空間つくりのためにとても大切なフラワーアレンジメント花嫁さんのブーケつくりや、TVなどでもよく見かける背景にあるお花など数え切れないくらいの場所で大切な役割を果たすのでフラワーデザイナーなのです♪

NFDの資格試験内容

NFDの資格試験では、学科試験と実技試験があります。

 

しかし、難易度はそれなりにあるものです。。。

 

でも大丈夫です!

 

多くの方の場合は、公認校などで必要な知識最低限の知識や技術などをきちんと習得してから受験しますので知識がある中での受験ということになります。

 

例えば、どちらか一方が合格または不合格だった場合、次回の受験で合格した方の試験が免除されます。

 

NFD公認校に在籍していれば、試験対策のカリキュラムが充実しているので、安心して受講できますよ。

 

実技の練習を積み重ねて、技術を確かなものにすれば自信を持って本番に臨めるはずです。

 

NFDは級が上がるごとに合格へのハードルは高くなりますが、花のプロを目指す方には強い味方になってくれるのは間違いありません!

 

まず初めにとても大事なことは自分にあったスクールに通い、知識を頭に入れて経験豊富な講師のサポートをうまく活用して合格を目指していきましょう!!!

フラワーアレンジメントとはどのようなものか?関連するページ

相性のよい資格とは
技術とは?
取得して役立つこと