ガーデンコーディネーターの技術とは?

MENU

技術とは?

難しいところは、花や植物を植えて綺麗に咲かせるだけでなく、植物を植える庭全てをコーディネートしなくてはいけないことです。

 

しかも、美しい景色を出来るだけ長い間維持するための知識と技も必要とします。

 

その草花1つ1つには特徴があります。

 

  • 咲く季節もちろんのこと、水はいつあげればいいのか?
  • どのくらいあげるのか?
  • 夜は室内がいいのか?
  • 温度はどのくらいがベストなのか?

 

など、管理能力がかなり必要になるのです。

 

ただ、きれいに見えるようすればいいのかは生け花ですね♪

 

生け花は、基本的には花瓶は剣山などに飾っていきます。

 

ですので、管理はさほど難しくはないといえるでしょう!

 

しかしガーデニングは、プランターなどに土を入れて植えていきますので水や肥料の管理の長生きさせるためにはとても大切です♪

 

その技術を習得した人がガーデンコーディネーターです。

 

園芸を愛する人には、土の作り方、選び方、水やりのコツやタイミング、肥料の撒き方、害虫駆除の方法などの、知っておきたい貴重な情報を1から教えてくれる実に頼れる存在です。

 

 

花は草木の種類は数え切れないほどあります。そのすべてを暗記するのではありません。

 

季節ごとに、キレイに咲くお花をチョイスしましょう。

 

そのセンスがとても大切なのです♪

自然の癒しが求められる時代

一年を通じて計画的に作業を行なう必要があるので、季節に応じた花を植え替えした後のことも考えて行動するのが重要です。

 

花の色や形や種類をしっかり認識して、どのような庭のデザインにするか構想して紙に描いていく技術、これもガーデンコーディネーターの役割です。

 

数え切れないほど多くの構図がありますが、それを基にして自分なりのセンスを取り入れて、新しいガーデニングの形を提供していきます。

 

新しいリゾート施設や庭付き住宅や植物園のプランナーとしてもいまやガーデンコーディネーターの技術は欠かせません。

 

自然の癒しが求められる時代ですので、ガーデンコーディネーターへの期待も大きくなる一方です。

 

お花だけではありません。今は、育てて収穫し、それを家庭で食すのもとても人気があります。

 

大きな畑がないとできないから無理だわとあきらめていた人が多かった昔ですが今は、たくさんの種類の野菜の種が市販されています。

 

そして、その野菜たちも花を咲かせます。

 

キレイな花も鑑賞でき、そしてそれを美味しく食せる、いまとても人気が高まってきています!!

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられるガーデニングのスクール&講座はこちらへ♪

ガーデンコーディネーターの技術とは?関連するページ

どのようなものか?
講座を習得して役に立つことは?
どのような資格と相性が良いか?