ホームヘルパー2級講習&スクール

MENU

仕事内容について

ホームヘルパーの仕事内容は日常生活を送る上で不自由のある高齢者、身体障がい者、精神障がい者などの生活のサポートをすることです。

 

お仕事の内容としては、対象となる方のご家庭に訪問し、

  • 家事
  • 入浴
  • 排泄
  • 掃除
  • 買い物

などのお手伝いが主な内容です。

 

資格を取得していないと一人ではこなすことができない仕事です。

 

今回は、高齢者の介護に関するお仕事に絞って、説明していきます。

 

一人暮らしをしている高齢者や家族では介護が出来ないほど重度の病気を患っている高齢者などは、一般的に「老人ホーム」と呼ばれる施設に入居されます。

 

老人ホームとはいえ、ご自宅から離れて「終の棲家」として生活する場所です。

 

なかには、ご実家を売却されてから老人ホームに入居される方もいらっしゃいます。

 

施設の外見は、一見病院のようにも見えますが、全く違い「ホーム=家」として過ごされる場所となるのです。

介護のお仕事をする上での心構え

ホームヘルパー2級の介護のお仕事をする上で、大切なことは「信頼関係」を築くことです。

 

特に、介護初心者の場合は、介護技術が身についていないことが多いですので、積極的にコミュニケーションをとることから始めてみましょう。

 

特に、介護業界では「傾聴」けいちょうが大切だと言われています。

 

慶長とは話を聞くことです。

 

話し相手がいなくて寂しい思いをされているご利用者様の聞き役になることが、心のケアにも繋がるのです。

 

傾聴に、テクニックはいりません。

 

強いて言えば、否定せずにご利用者様のお話を受け入れながら聴いていくことです。

 

「傾ける」という漢字が示すように、耳をしっかりと傾けて、目線を合わせながらお話を伺いましょう。

やりがいのあるお仕事!!

例えば、車いすに乗られているご利用者様がホームヘルパーのあなたに声をかけたとします。

 

その時は、そばまで行って、目線を合わせしゃがんでお話を伺いましょう。

 

このような場合、どのようなことが想定出来るでしょうか。

 

 

もしかしたら、「お手洗いに連れて行ってほしい」ということをあなたに言いたかったのかもしれません。

 

特に女性の場合は「トイレに連れて行って!」と大声では言いにくいものです。

 

近くでこっそり聴くことで、「この職員さんなら、安心してお願い出来るわ」と思っていただけるのです。

 

このような、ちょっとした気配りが信頼関係を築く上で、最も重要なことなのです。

 

介護技術は、後から必ずついてきますから、まずは誰よりも聴き上手になることを目指しましょう。

 

老人ホームで働く職員は、食事、入浴、排泄等のお手伝いだけではありません

 

お一人お一人の身体レベルに合わせたリハビリ体操のサポートをはじめ、ご入居者様が楽しい生活を営んで頂けるよう、季節ごとのイベントを企画・実施したり、フラワーマネジメントや書道などの講座の企画も取り入れていきます。

 

働き始めは、戸惑いも多いと思いますが、目の前で人の役に立っているという実感が持てるため、ホームヘルパーはとてもやりがいのあるお仕事です。

 

この資格を取得して働いてみませんか?

 

【ホームヘルパー2級】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

ホームヘルパー2級講習&スクール記事一覧

 

土日・夜間集中講義あり最短1ヶ月程度で資格取得可能♪受講料6〜10万円♪介護職員初任者研修 【旧ホームヘルパー2級の講座内容】介護職員初任者は、日常生活において介護が必要な高齢者や障害者に対し入浴、食事、排泄の世話などの身体介護や掃除、洗濯、調理などの生活援助等、日常生活のサポートを行うのが主な仕事です。介護職員初任者研修は、いずれも指定の講習を受講すれば非常に簡単な試験だけで資格が取得できます。...

 
 

最近、注目されている資格はホームヘルパー2級です。高齢のため日常生活を送る事が困難な方、心身の障害から日常生活を送る事が困難な方が自立した生活を送るために手助けをするための資格です。高齢化社会がどんどんと進んでいる国内で必要とされている資格でもあります。現在の日本は高齢化が進み、ホームヘルパーが不足しています。そのため、ホームヘルパー2級という資格が注目を集めているのです。どうしてもお手伝いさんと...

 
 

日本は、高齢化がどんどん進んでいます。そのため、ホームヘルパー2級の介護の仕事は需要が尽きることがありません。つまり、介護の求人がなくなるということはほぼあり得ないのです。介護の求人は、一度見てもらえればわかると思いますが、条件として2級以上の資格を取得しているのが条件に挙げられていることが多いのです。資格さえ持っていれば、経験は無くても大丈夫という求人がほとんどです。取得しているだけで介護の求人...

 
 

高齢化が進んでいる国内では需要が高まっていますが、どのような仕事を行っているのでしょうか?主の内容は心身の障害や高齢のために、日常生活に支障をきたす人への手助けをするという仕事です。その人が、その人らしい生活を送れるように手助けをするのが仕事です。決して、家政婦のようなお手伝いではなく、その人が自立した生活を送るためにはどうした援助が必要であるかを考えながら仕事を行います。

 
 

最近は、高齢化にともないとても注目を集めています。介護の入門的な資格ともいえます。実際に介護の現場で働く事を前提としている場合、求人などを見ると必ずホームヘルパー2級以上が必要とされています。そのため実用性の高い資格といえるのです。現在の日本は、仕事を探していても求人が少ないというのが現状です。しかし、介護求人に関しては、需要が高く、求人はどんどん増えています。実際に就業を考えた場合、ホームヘルパ...

 
 

最近、注目を集めているホームヘルパー2級は誰でも取得できるものなのでしょうか。講座を受講するにあたり、年齢制限や受講条件がありません。そのため、誰でも講座を受講すれば取得が可能です。指定された時間の講座を受講するだけで、資格を取得する事ができます。また試験などがないため、比較的取得しやすいのが魅力です。そのため、これから介護業界に入ろうと考えている人にとっては取得しやすい資格であり、介護の入り口と...

 
 

実際に取得して仕事をすることになった時、様々なトラブルに遭遇します。、人相手ですので、様々なトラブルが発生します。まず、一番多いのが、利用者を怪我させてしまうというトラブルです。入浴介助中の事故歩行中に足をすべてしてしまった。浴槽につまずき足を骨折してしまった。食事介助中の事故食べ物がのどに詰まってしまう薬やアレルギーなどで食事制限があるのに間違えて他の方の食事をたべてしまった。まさかと予期せぬ事...

 
 

働こうと考えている人に、実際に現場ではどのような悩みがあるのかを実体験を元に書いてみたいと思います。基本的にはホームヘルパー2級を取得して実際の仕事を始めると3種類の悩みを持つようになりますね。職場の待遇や環境利用者さんやその家族との関係職場内の人間関係それぞれの悩みについて解説していきたいと思います。