介護職は他の資格に比べて求人が多い!初任者研修者(ホームヘルパー)の求人について

MENU

勉強

介護職員初任者研修の資格を取得した後に、すぐに働ける職場があるのか?

 

これはとっても気になることですね。

 

せっかく資格をとったのに求人が少ない、仕事探しで苦労するのでは資格をとった意味がありません。

 

また、

 

自分が希望するような日中だけの求人はあるのか?


 

キツイ仕事ばかりではないか?


 

条件とあう仕事があるのか?


 

みなさん色々な心配、不安があるかと思います。

 

しかし、日本の高齢化の問題はだれもが一度は聞いたことがあるでしょう。

 

とにかく高齢化がありえないスピードで進んでいます。

 

高齢化のスピードがあまりにも速すぎて、介護の担い手がおいついていないのが日本の大きな問題にもなっています。

 

その背景から察しがつく通り、猫の手を借りたいほど人が足りていないと言われている業界です。

 

他の資格に比べると驚くほど求人はたくさんあります。

 

みなさんのお宅にも毎週入る折り込みチラシや求人情報誌などで、目にしたことがあるかもしれません。

 

いろいろなところに介護職を求める広告が出ています。

 

その中でも、初任者研修の資格を持っている人の需要がここ最近とても高くなっているのです。

 

この資格もっていると、間違いなく仕事先が選べます。

 

ここでは求人について紹介していきます。

 

就職先が豊富にある介護職!自分にあった仕事を選べる

たとえば、訪問ヘルパーであれば、短時間からのおしごとがあります。

 

家事や子育ての空いた時間をゆうこうに活用することで、自分の生きがいやあらたな自分の役割をみつけ、家庭と両立しながら働いている方もいらっしゃいます。

子育て

この資格を持っていれば、かならずお仕事はみつかります。

 

無資格よりも資格をとるメリットとは?

現状では人が足りていないのが介護業界です。

 

そのような事情もあって、無資格の状態でもひとりの介護スタッフとして施設などで働くことはできます。

 

しかし、働き先は限定されてきてしまいますし、そのような施設は数少ないです。

雇い主は、まず即戦力になる介護の経験者や知識をもった有資格者を求めています。

そしてすぐ現場で働ける人を多く採用しているのが実情です。

 

なぜならば、すでに人手が足りていないこの業界では、まったくの無資格・未経験者にいろいろと指導したり教える時間をとることが難しくなってきているからです。

 

また、無資格者を受け入れるのはリスクもあります。

 

現に、施設内での移動時や、入浴の際に利用者を転倒させてしまいけがをさせてしまったというようなケースも中にはあります。

 

職員間でお客様の情報についても申し送りがされていなかったり、介助の方法がわからず自己流で対応した結果、転ばせてしまったなど…。

転倒


働く本人も、知識や経験がないままではじめてしまった結果、仕事で失敗をしてしまいトラウマになってしまう方もいます。

 

もちろん人柄や対応力、コミュニケーション力などもとても大切になります。

 

けれど、いろんな技術・能力があったとしても資格に勝るものはありません。

 

給料面でも、資格の有無がとても大きく反映してきます。

 

資格を活かして好条件で転職するなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑

 

介護職の需要はとにかく高い!雇う側は初任者研修修了者を求めている

どれくらいの求人があるのだろうと、あるサイトで大阪市に限定して求人情報を調べてみました。

 

すると、

 

大阪市

初任者研修終了者の求人 6,004 件

 

他の場所も確認してみました

 

神奈川県横浜市

初任者研修終了者の求人 5,790 件

 

青森県八戸市

初任者研修終了者の求人 117件

 

大分県大分市

初任者研修終了者の求人 374 件

 

主要都市と地方では差がありますが、これはほかの資格や職種に比べてかなり多い求人となっています。

 

あくまでも一つのサイトだけで調べたものですから、他のサイトやフリー求人誌などを含めると、もっと多くの求人情報があるでしょう。

 

これだけ需要のある資格は珍しいものです。

 

今後についても、もさらに需要はふえていくと予想できます。

 

超高齢社会とされている今の日本では当然のことかもしれません。

 

この資格を取得すれば就職できない方が難しいといっても過言ではありません。

 

介護職員初任者研修をはじめ、介護士の需要は今後も増えます。

 

業務内容や待遇なども見直しをされながら評価されていく仕事になるでしょう。

 

それに、経験を重ねてスキルアップして、更なる上をめざせる資格でもあります。

 

資格をとったから、どこでもいいからとりあえず就職!という気持ちではこの仕事は務まりません。

 

仕事相手となる利用者さんは、自分たちよりも年齢がうえで人生経験も豊富な方ばかりです。

 

相手を敬う尊敬の気持ちと、資格をもちながらも常に学ぶ心を忘れてはいけません。

肩たたき

研修では一通りの講習を受けますが、介護の現場ではマニュアルが通用しないことも多くあります。

 

人間相手の仕事ですから当然ですが、利用者さんには一人ひとりの個性があって皆同じではないからです。

 

体の体格、性格、育ってきた環境、生活歴などを尊重しながら、いろいろな方の対応で大変ではありますが、それがやりがいにつながります。

 

求人の雇用形態も豊富!自分にあった働き方から選べる

介護のしごとは雇用形態もいろいろあります。

 

その中から自分の希望する条件や待遇にあった求人を選ぶことができます。

 

一つの求人サイトの情報となりますが、初任者研修資格を持っている場合の大阪市と横浜市の雇用形態を調べてみました。

 

大阪市の場合

正社員 2156件
派遣社員 2006件
アルバイト・パート 1965件
契約社員 232件

 

横浜市の場合

正社員 1965件
派遣社員 1792件
アルバイト・パート 1705件
契約社員 310件

 

パート・アルバイト、正社員、派遣社員等、どの雇用形態でも企業は人材を求めている状況だとわかりますね。

 

このデータから見ると、アルバイトやパートも正社員と同じくらい求人があります。

 

家事や育児で時間制限された中でしか働けない主婦やママにとっては好都合です。


雇用形態によっては、短時間勤務も可能になっています。

 

介護は、自分の生活スタイルに合わせてはたらくことが可能な職種です。

 

子育てのタイミングで仕事を辞めてしまったというママやこどもが学校に行っている空いた時間を有効にしたいママにはオススメの仕事です。

 

そしてやりがいもありますし、経験を積んでいけば更なるスキルアップやステップアップも可能となります。

 

実際に、子育てがひと段落し、心にも時間にも余裕ができた主婦のかたが資格を取得して、現場で活躍している方は大勢います。

 

もちろん、男性も同様です。

 

男性ならではのデイサービスや施設の送迎ドライバーや、力仕事ができる訪問ヘルパーの求人も多く出ています。

 

訪問介護では、男性指名で依頼がくることも多いです。

 

資格をとった後は、自分がどのような条件、雇用形態ではたらきたいのか?
家庭と仕事の比重はどのくらいにして働きたいのか?

 

自分の希望を整理しておくと仕事さがしもスムーズに進むと思います。

 

いろいろな求人を見比べて、自分がどこにやりがいをもって働けるか?

 

スキルアップやステップアップを目指してチャレンジしてみたいと思えるか?

 

その仕事につくまでの思いはそれぞれ色々とあるかと思いますが、将来的に自分の自信となる資格です。