ホームヘルパー2級の仕事内容を詳しく説明

MENU

仕事内容

高齢化が進んでいる国内では需要が高まっていますが、どのような仕事を行っているのでしょうか?

 

主の内容は心身の障害や高齢のために、日常生活に支障をきたす人への手助けをするという仕事です。

 

その人が、その人らしい生活を送れるように手助けをするのが仕事です。

 

決して、家政婦のようなお手伝いではなく、その人が自立した生活を送るためにはどうした援助が必要であるかを考えながら仕事を行います。

具体的な仕事内容

具体的な仕事内容としては、まず身体介助があります。

 

入浴介助や食事介助、寝返りができない人へは体位交換、おむつ交換などを行います。

 

床ずれといわれるじょくそうが出来ないようシーツがしわになっていないかなどのキメ細やかな配慮を心かけが求められます。

 

また、在宅で生活する方へは、生活援助として、買い物や掃除、調理なども行います。

 

つまり、仕事内容は多岐に渡っているということになります。

勤め先による仕事内容

また、勤め先によっても仕事内容は変わってきます。

 

施設での勤務の場合

 

特別養護老人ホームや老人保健施設などの施設では、身体的な介助が中心となります。

 

食事介助や入浴介助、おむつ交換などを行いながら、利用者の話し相手をしたりという作業ですね。

 

グループホームでの勤務の場合

 

グループホームなどに務めた場合は、利用者と一緒に調理を行いながら、利用者とともに日常生活を営み、その中でトイレ介助や入浴介助などの身体的介助も行います。

 

洗濯や掃除等は出来ないところを一緒に行うものですべてヘルパーが行うわけではありません。

 

デイサービスでの勤務の場合

 

デイサービスなどに務めた場合は、入浴介助やトイレ介助のほか、レクレーション活動も行います。

 

レクレーションは、カラオケ大会、誕生日会等を行います。

 

夏祭りや運動会など個々の出来る範囲のことを皆で楽しみながら行えるよう企画していきます。

 

また、特徴としては送迎業務も行う場合があります。

 

運転免許を持っている場合は自分自身で車を運転して送迎することもあります。

 

車椅子の方を車に乗せるときはきちんと固定されているかを確認し車内で横転しないように操作します。

【2013年4月制度移行】

2013年4月 ホームヘルパー2級は、「介護職員初任者」へと移行されることになりました!

 

「介護職員初任者」の資格取得では筆記試験も導入されるため、筆記試験がないホームヘルパー2級を取得しておくことをオススメしています。
まずは、自分の家の近所でホームヘルパー2級の講習がいくらで受けられるのか?資料請求してみてはいかがですか。

 

【シカトル】であなたの地域で受けられるホームヘルパー2級スクール&講座はこちらへ♪

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられるホームヘルパー2級スクール&講座はこちらへ♪