ホームヘルパー2級とはどんなことができる仕事ですか?

MENU

どんな仕事??

最近、注目されている資格はホームヘルパー2級です。

 

高齢のため日常生活を送る事が困難な方、心身の障害から日常生活を送る事が困難な方が自立した生活を送るために手助けをするための資格です。

 

高齢化社会がどんどんと進んでいる国内で必要とされている資格でもあります。

 

現在の日本は高齢化が進み、ホームヘルパーが不足しています。

 

そのため、ホームヘルパー2級という資格が注目を集めているのです。

 

どうしてもお手伝いさんというイメージがあります。

 

しかし、お手伝いさんとはまったく異なります

 

ヘルパーの資格を持っている人は、相手がどうしたら自立した生活を送れるのかを考えて支援する人です。

 

単にお手伝いをするのではなく、その人らしい生活を送るためにはどのような支援が必要かを考えて手助けするのです。

仕事・食事のお手伝い

例を挙げてみますと、自分の力で食事ができない人がいたとします。

 

簡単に手伝う方法としては、介助して食事を助けてあげることです

 

しかし、それは自立した生活とはいえませんし、介助されてその人は満足するでしょうか。

自分のペースで自分の好きなものを自分で食べたいと考えるのではないでしょうか

その人に合った介助をすることが大事

そこでどうしたら自分で食事をすることができるかを考えます。

 

箸をうまく扱えないのであれば、介助器具を導入してみることもありますし、食器を変えるだけでも効果があります。

 

また、食事をとる際に姿勢を保てないのであれば、姿勢を保てるような工夫を取り入れたり、食事の形態が合っていないのであれば、具材を小さくしたり、とろみをつけたりと色々と工夫ができます。

 

このようにお手伝いをするのではなく、その人らしい生活が送れるように支援するのがホームヘルパー2級の仕事です。

 

しかし利用者の家族でお手伝いさんかのように勘違いしている人もいることが現実です。

 

汚れた洗濯物の中に家族のものと思われるものが一緒になっていたり、乾いたものを取り込む際に一緒にたたんでほしいなどの依頼もあることもあります。

 

しかしその依頼は間違えです。

 

ホームヘルパーの仕事はあくまでも自分で出来ないところのお手伝いでありその家族のことまでやることはありません。

 

もしこのようなことを依頼されたりしたらはっきり断りましょう。

 

また事業所に相談して改善してもらえます。

 

あくまでも利用者らしい生活の支援することが仕事となります。

 

【ホームヘルパー2級】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

ホームヘルパー2級とはどんなことができる仕事ですか?関連するページ

最短1ヵ月で取得する
求人状況
仕事内容
実用性について
誰でも取れるものか?
予想されるトラブル
悩みの例