実務者研修を取れば確実に就職できる!介護福祉士へのステップアップも可能な資格

MENU

2013年度に介護職のキャリアアップのために新設された資格が「実務者研修」です。

 

以前のホームヘルパー1級と介護職員基礎研修を合算して新しく作られました。

 

言うまでもなく日本は超高齢社会。

高齢者


介護資格の見直しもしざるを得ない状況で、介護の人材集めだけでなく、今まで以上に知識やスキルの高さを持つ人材の育成が求められています。

 

言わば、介護のプロフェッショナルを作るために今回のような見直しがされたと思ってもよいでしょう。


また、もう一段階上の資格となる介護福祉士の国家試験を受けるには、3年以上の実務経験にプラスしてこの資格が義務付けられています。

これから

  • 介護業界で働きたい
  • 求人も沢山あるし就職に役立つ資格をとっておきたい
  • 介護業界で長く働いてステップアップしていきたい

 

このように考えている方にはぜったいにオススメの資格です。

 

求人情報をみたり、実際に介護の現場で話を聞いてみると、実務者研修の資格を持っている方はとても重宝されています。

 

実務者研修を取得するメリットや仕事の魅力について、取得要件や資格に関すること、実際に資格をとった後についても説明していきます

 

就職にとっても有利!再就職・パート・派遣と求人情報満載

 

介護の現場はどこもとにかく一人でも働き手がほしい状況です。

 

求人情報を見てみると、「未経験者OK、未経験者大歓迎!」という求人も多くあります。

 

どの求人雑誌やサイトでも介護・福祉のコーナーは必ず目にするほどですから、人手不足という実情がわかりますね。

 

そのような中で、介護資格を持っている方は特に求められています。

 

つまり、すぐに就職できる資格、すぐに働ける、収入につながる資格です。

 

ここが資格取得の最大のメリットです。

 

中でも実務者研修の資格は、介護業界で働くなら持っているととても強みになる資格となります。

 

手前の段階にある初任者研修という資格もあります。

 

こちらは、介護の仕事がまったく初めての人におススメしたい資格ですが、初任者研修だけでは更に上の資格となる国家資格の介護福祉士が取れません。

 

せっかく資格をとって働くのであれば、次につながるものをとっておくべきです。

 

実務者研修は働き方の幅を広げられる!介護業界から求められている資格

 

実務者研修には、とくに受講資格、要件はありません。

 

中学校を卒業していれば誰でも受講できます。

 

10代でも60代後半でもチャレンジでき、学生、主婦、退職後の方でも取得して現場で活躍しています。

 

そしてこの資格があることで、求人の応募条件のはばも広がります。

 

福利厚生や待遇面がきちんとしていて、給料も高い職場の求人にも応募ができます。

給料

 

実際に、病院が母体としている医療法人や社会福祉法人などの高待遇のところからの求人も多く出ています。

 

また、実務者研修をもっていると資格手当がついたり、さらにスキルアップするための資格取得のバックアップをしてくれる会社もなかにはあります。

 

働き方にしても、実務者研修の場合は正社員に派遣、パートやアルバイトなど、どの働き方でも求人情報が多く出ています。

 

仕事を自分の都合で選べるというのは、とても魅力的です。

 

限られた時間の中で時給制で働く場合でも、資格があることで他の業種よりも確実に収入は高くなります。

 

どんな働き方をするにしても、この資格は強みとなるのでオススメです。

 

雇う方も、売り上げに関わる事情や質の高いサービスを提供してお客さんからの高い評価と信頼をえるためにも、実務者研修取得者を数多く雇いたいという事情があります。

 

求人の応募者に、

無資格者・初任者研修者・実務者研修者がきたら、

当然、会社としては実務者研修をもっているかたを優先的に雇います。

それだけ、すぐに現場では即戦力となり、力を発揮できる資格なのです。

 

ワンランク上の立場となる介護福祉士も目指せる

実務者研修の資格をとり、現場で働いた経験が3年以上あると、更なるステップアップとなる介護福祉士の受験が可能になります。

 

資格取得の見直しがされてから、政府によるこの資格の位置づけや取り組みかたも変わってきました。

 

介護の人材が足りていない中で見直しを行い、介護キャリアの道筋をつくり、若い人でも介護職で働きたいという人たちを取りこみ、中高年の新規参入や介護の仕事として働いていた離職者たちの呼び戻しを図っています。

 

誰にでも資格取得のチャンスはあり、これからかならず重要視されてくる資格です。

 

今後も介護の仕事で頑張りたい、またはこれから新たに介護業界で活躍したいというかたにはオススメです。

 

そして、資格取得後は自身の働き方を広げたり、さらなる大きな目標をもって、介護福祉士やケアマネージャーの資格取得へとチャレンジしてみてください。

実務者研修を取得して介護福祉士へと!確実に就職やステップアップできる資格記事一覧

 

介護の資格を何も持っていない方や介護職がはじめてという未経験者の方、これまで介護とは無縁だった方でも受講することができるのが実務者研修です。教材にも工夫がされ、テキストにはイラストや図表がおおくとり入れられています。専門知識も学びますが、勉強が苦手な方でもとても分かりやすい内容なので問題ありません。技術についても、すぐに現場で活かせるように実践が多く取り入れられています。実技演習も基本から学び、実...

 
 

介護職員実務者研修には受講要件がありません。介護関連の資格や介護職の経験がない方でも受講することができ、どのような方でもチャレンジできる資格です。さらに、他の資格にあるような全国統一の資格試験もありません。受講要件も資格試験もないため、初めて介護の勉強をする方でも取りやすい資格のようにも思えますね。では、実際にはどうでしょうか?講習内容を見ると科目数・時間数と内容的にもとてもボリュームがあります。...

 
 

実務者研修を取得するメリットは、「介護福祉士へのステップアップのため」という一面もありますが、それだけではない魅力が他にもたくさんあります。サービス提供責任者として働くことができる。医療行為が行える喀痰(かくたん)吸引等研修を受けることができ、その後、介護の現場で医療行為を行うことができる。このように、介護職として一つ上の立場や介護技術を得ることも可能なのです。仕事を探す上でも、雇う側の施設運営者...

 
 

実務者研修の講座は、どのスクールでも受講する科目や時間は同じです。しかし、費用は、スクールによって約10万〜20万円と幅広くなっています。この受講料からみても、安い料金でとれる資格ではありませんし、資格を取ろうか考えているかたにとっては、取るか取らないか少し迷ってしまう金額かもしれません。しかし、資格取得後の就職先にはほとんど困りません。必ず仕事が決まるほど求人はたくさん出ています。そして将来、ス...

 
 

仕事をしながら受講しようと考えている方は、仕事と勉強を両立させることが重要になります。そして、スクールへ通学する時間の調整と、自宅で学習する時間の確保が必要になります。当たり前のことですが、これが結構難しいのです。受講者の大半は仕事をメインにしながら資格取得をめざしている方が多いのですが、働きながら勉強を進めたりスクールに通うのが難しく、途中で諦めてしまう人もいます。そこで、受講する際に注目してほ...

 
 

介護の資格として有名なヘルパー。その資格は既になくなり、平成25年の4月から「初任者研修」と「実務者研修」という資格になっています。介護業界の改革によって名前は変わりましたが、ホームヘルパー2級相当が初任者研修、ヘルパー1級相当が実務者研修と同じ程度の資格となっています。介護関係の資格全体からすると、どちらの資格も介護職の入口となる入門部分になる資格です。そのため、どちらの資格も介護の仕事が初めて...