実務者研修の勉強と仕事は両立できるの?無理なく受講するためのスクール選び

MENU

仕事をしながら受講しようと考えている方は、仕事と勉強を両立させることが重要になります。

 

そして、スクールへ通学する時間の調整と、自宅で学習する時間の確保が必要になります。

夜 勉強

 

当たり前のことですが、これが結構難しいのです。

 

受講者の大半は仕事をメインにしながら資格取得をめざしている方が多いのですが、働きながら勉強を進めたりスクールに通うのが難しく、途中で諦めてしまう人もいます。

 

そこで、受講する際に注目してほしいのがスクール選びです。

 

現在開講しているスクールの中には、働きながらでも資格が取れるような体制作りに力を入れているスクールもあります。

 

仕事と並行してでも通えるように、様々な対応しているところも多くなってきているのです。

 

自分の生活スタイルや仕事に無理なくカリキュラムを修了するためには、スクール選びも大きなポイントになるのです。

 

どんなスクールを選べばいいのかについて、ポイントをいくつかあげていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

働きながら資格を取りたい方の講座選び

 

スクールを調べていくと、スクールの特徴やいろいろな講座があることに気づくかと思います。

 

仕事をしながら資格を取るということは簡単なことでではありませんので、どんな講座が自分にあっているかよく確認してから決めるべきです。

 

実務者研修は、自宅学習だけでは取得できない資格です。

 

仕事や家庭があるかたでも、必ず通って講座を受ける時間が必要になります。

 

家庭や仕事の都合、または体調不良で受けられない日もでてくるかと思います。

 

振替制度があるスクールを選ぶことをおススメします。

 

なお、振替制度はスクールにより内容が違います。

 

選ぶ際のポイントとして確認しておきましょう。

 

振替制度の確認ポイント

  • 振替は無料でできるのか?
  • 追加の料金が発生しないか?
  • 振替できる日が限定されていないか?
  • 時間や曜日に関係なく振替を選べるか?
  • すべての科目が振替できるか?
  • 振替できない科目があるのか?

 

仕事の都合などで休んでしまうことが考えられる場合には、毎日開講していて曜日や時間を限定されることなく振替制度を利用できるスクールを選ぶといいでしょう。

 

次に、受講期間延長制度があるスクールを選ぶことも重要になります。

 

通うことが難しくなって長期的に休みたい、という場合もあるでしょう。

 

また、週1回の受講が厳しくなってきたりと、最初に予定していた標準期間内に修了できない、合格できない場合もあります。

 

そういったことを想定して、延長制度がある学校を選んでおけば、安心して通うことができます。

 

延長制度の確認ポイント

  • 最大何日間の延長ができるのか?
  • 最高どのくらい在籍期間を延長できるのか?
  • 追加費用が別途必要になるのか?

 

もし、延長制度がないところでも、事情を相談すればある程度対応してくれたり、日程の調整をしてくれる場合もあります。

 

事前に確認しておくとよいでしょう。

 

最後に、授業開始時間も選ぶ際のポイントになります。

 

せっかく予定を組んだ研修も、開始時間に間に合わず遅刻してしまうことがないように、無理のない時間の講座を選ぶようにしましょう。

 

特に、仕事後に通える夜間コースを考えている場合には、残業や移動時間などを考慮して、遅めの時間帯の講座があるスクールを選ぶことがポイントです。

 

働きながら受講する場合には、スクールや講座を選ぶ際には細かい点まで確認して、自分の都合に合う、対応が良い講座を選ぶとスムーズに研修の修了を迎えることができるでしょう。

 

実際に働きながら取った方のスクール選びのポイント

スケジュールが多様に組めるスクールを選んだAさん

 

正社員として全く介護とは縁がないアパレルの仕事をしていました。

 

仕事柄残業もあるので、基本は自分のシフトで休みの日にスクーリングの通学を組めるようなスクールを選びました。

 

実際に、休みだった日に急な出勤になったりして、予定していた学校を休んでしまったりすることもありました。

カレンダー


また、連勤などが続き体調を崩してしまったりなど、実際には予定通りにスクーリングに通うことができず、結局3回ほど振替をとりました。

 

受講の時間帯も遅くまでやっているスクールを選び、残業がない日は早く、残業があった場合には遅い時間を選べるようにしておきました。

 

当初は、絶対に6カ月で資格を取るという思いで取り組んでいましたが、私のようなシフト制で不規則な仕事をしながらとなると、予定外のことがたくさん起こります。

 

ですので、体調を崩したり、急な仕事が入ってしまった時に振替ができるスクールを選んでおいて本当に良かったと思いました。

 

スケジュールが多様に組めるスクールは他に比べると少し費用が高くなってしまいましたが、

 

融通がきくところを選んだことで仕事と学習の両立ができました。

 

無資格で介護業界で働きながら資格をとったBさん

 

とにかく働いてみようと思い、未経験でも募集があった特別養護老人ホームで働きはじめました。

 

介護度もそんなに重くない方が多かったので、仕事をする上では特に問題はありませんでした。

 

しかし、勤務先の同僚はヘルパー2級の資格やヘルパー1級の資格を取っており、中には介護福祉士を目指しているなんていう仲間もいました。

車椅子のおばあさん

当初の私は特に資格にたいして興味もなく、とりあえず働けていることで満足していたのですが、介護保険の法改正や見なおしがされるたびに介護職の質を求めらるようなことが。

 

それに、他の同僚と同じ仕事をしているのに資格の有無で給料に差が出ていることを知って、思い切って実務者研修を受けることにしたのです。

 

どこの講座を受けるか上司に相談すると、上司がいた以前の勤務先ではスクールも運営しているため、格安で講座を受けられることを知りました。

 

また、運営母体が同じなので、シフトの調整など快く受け入れてくれる環境が整っていて、仕事と勉強の両立ができることを教えてくれました。

 

上司に紹介してもらい、現場経験もあったのですぐに転職できることになり、同時にスクールにも通い始めることができました。

 

講習も2年の現場経験があったので実技はスムーズにこなせ、また勉強する時間も取れるようにシフトを組んでもらえたので学習時間も確保でき、半年で合格ができました。

 

有資格者になれたことで給料も上がり満足していたのですが、職場の方から介護福祉士もとってみてはどうかと勧めてもらいチャレンジすることに。

 

実務経験が1年足りなかったので、1年後を目標にして仕事の合間に勉強をしながら準備をしました。

 

ダメならまた次頑張ろうくらいに考えて受けてみたのですが、なんと一発合格!

 

さらに、職場でケアマネージャーの増員をするという話があり、上司からここまで頑張ってきたんだから、挑戦してみたら?という後押しをしてもらい挑戦することに。

 

ここ最近では一番合格率が低く諦めてはいたのですが、なんとビックリ受かってしまいました。

 

今は、ケアマネージャーとして特別養護老人ホームで働いています。

 

たった3年ほどで無資格だった私がケアマネになっていることに驚きです。

 

もちろん、お給料も更にアップして本当に嬉しい限りです。

 

スクール費用が安く済んだだけでなく、勉強できる環境づくりをしてくれる職場だったことがかなりポイントだったと感じました。