介護職員初任者研修と実務者研修は何が違う?比較して取るべき資格を見極める

MENU

介護の資格として有名なヘルパー。

 

その資格は既になくなり、平成25年の4月から「初任者研修」と「実務者研修」という資格になっています。

車椅子のおばさん

 

介護業界の改革によって名前は変わりましたが、ホームヘルパー2級相当が初任者研修、ヘルパー1級相当が実務者研修と同じ程度の資格となっています。

 

介護関係の資格全体からすると、どちらの資格も介護職の入口となる入門部分になる資格です。

 

そのため、どちらの資格も介護の仕事が初めての方、介護関連の資格がない方でも誰でも受講することができます。

 

2つの資格の大きなな違いは、実務者研修の方がより現場で使える知識や技術を学べる点です。

 

また、基礎から実務までとなるので、勉強する量もかなり多く、時間もかかる内容になっています。

 

資格レベルとしては実務者研修の方が上になりますが、どちらを取った方が良いかはそれぞれのケースで異なります。

 

それを判断するためにも、資格の具体的な違いや判断する際に参考となるポイントを説明します。

 

受講する前にどのような違いがあるのかよく確認して、自分にあった資格を選びましょう。

 

どんな違いがあるの?講習時間や通学に必要な時間を比較

 

どちらの資格も無資格・未経験者から受講ができる点は同じです。

 

違いの一つとして、まずは費用や取得にかかる時間について紹介します。

 

実務者研修の勉強時間は初任者研修の3.5倍

 

初任者研修の受講時間は130時間です。

 

実務者研修の受講時間は450時間となっており、初任者研修の約3.5倍です。

 

受講時間が長い実務者研修はそれだけ取得までに期間もかかるということです。

 

最短でも半年になります。

 

一方、初任者研修は短期間であれば2?3ヶ月での取得が可能です。

 

スクールへの通学が必要な時間

 

どちらの資格もほとんどの科目を通信学習で受講することができますが、一部の科目についてはスクールへの通学が必須です。

 

必ず通学しなければいけない科目は次の通りです。

初任者研修

学習時間 90時間
通学日数

【全日制の場合】 約15日の通学

 

【通信と併用で最短2ヶ月で取得をする場合】 週2回の通学が必要

 

実務者研修

学習時間 61時間
通学日数

【全日制の場合】 約10日の通学。

 

【通信と併用で最短6カ月での取得を目指す場合】週1回の通学が必要

 

実務者研修の方が一歩踏み込んだ内容!難易度の違い

 

介護資格として一つ上の資格となるのが実務者研修なので、当然、学ぶ内容も難しくなっています。

 

ただし、試験の難易度が高いということではありません。

 

学ぶ内容が初任者研修よりも専門的になるため、専門用語の数が増えたり実務に近い内容を多く学ぶ、という意味で少し難しくも感じると思います。

勉強

 

それに、実務者研修の方は修了試験が義務付けられていません。

 

科目数は多くなりますが、受講科目をしっかりとクリアしていれば取れる資格となります。

 

なお、スクールによっては、筆記と実技の修了試験を行うところもありますが、確認テストのような位置付けで行われているので特に心配する必要はないでしょう。

 

実務者研修講座の費用は初任者研修の約2倍

 

実務者研修の方がテキストの量も多く、スクールに通う日数も多くなるので、費用が高くなります。

 

おおよその費用の目安は以下の通りです。

 

初任者研修:5万円代〜12万円くらい

 

実務者研修:10万円〜24万円くらい

 

なお、実務者研修を受講する際に初任者研修やヘルパー2級など、他の資格を持っている場合には免除科目があるので料金が少し安くなります。

 

スクールごとに割引率も異なるので、確認してみるといいでしょう。

 

どちらを取るか決めるための判断ポイント!ゼロからスタートする方は初任者研修を!

 

介護の仕事が完全に未経験だという場合は、初任者研修のほうが向いています。

 

なぜなら、講座の通学時間数をみてください。

 

実務者研修の方が学習時間数は多いのに、必ず通学しなくてはいけない時間数は初任者研修の方が多くなっています。

 

これは、これから介護職に就く方に向けて、直接講師の講義や指導を受けてもらうためです。

 

また、初めてで色々と介護の仕事のイメージもわかないと思いますが、講師からは現場での話なども聞くことができます。

 

いざ現場で働く際にとても役立つこともありますし、通学回数が多いことで、分からないことの確認や相談もしやすい環境となっています。

 

一方、実務者研修講座のほうは、多くの時間が通信となっています。

 

それは、実務経験がある方のスキルアップや上の資格へとステップアップしていきたい方を対象にしているからです。

 

つまり、「現場で働きながら並行してとる資格」という位置付けがされています。

老人ホーム

このような理由から、完全にゼロからスタートする場合には、初任者研修をお勧めします。

 

はじめての介護業界に入る方を対象にしたレベルの内容なので、知識がなく未経験のかたでもストレスなく学ぶことができるでしょう。

 

経験者なら実務者研修を取ろう

 

実務経験があるのなら、迷いなく実務者研修の資格を取りましょう。

 

取得すれば、給与面でも条件がよくなります。

 

また、訪問介護事業所で働く場合には、サービス提供責任者の仕事につくことができます。

 

責任ある仕事ですが、ヘルパーさんのリーダー的存在となるので仕事の幅も広がりやりがいがあります。

 

資格手当で給料が上がったり、会社によっては高待遇のところもあるので、訪問介護事業所に勤務する方にもお勧めです。

 

研修を受ける前に介護の仕事を3年以上ある方


資格を取得した後にはワンランク上の介護福祉士の受験が可能でステップアップするチャンスがあります。

 

将来的に介護の仕事を長く続けていきたいとか、キャリアアップを目指しているのであれば、実務者研修は絶対にはずせない資格です。

 

すでに介護職に就いている場合には、資格に意欲がない方でも、是非この資格はとっておきましょう。