アニマルセラピストのスクールとは?

MENU

今注目の理由!!

私たちが生きていくうえで、動物とはきっても切り離せない環境に生きています。

 

食についてもそうですが、古代昔から私たちは色々な動物に助けられて生きてきました。

 

大草原で生きる人たちは、羊や馬、豚など家畜としてだけではなく色々な生き物と共存してきました!

 

 

犬もそうです!

 

今は犬といえば可愛いペットとしてしか思いつかないかもしれませんが昔は人間の狩猟の助けをしてきた犬種や、見張りの役割が主な牧羊犬などただ可愛いだけで飼っていたわけではありません。

 

その高い知能で、私たち人間を助け、共に生きてきました。

 

その犬もいつからか私たちのペットとしてたくさんの人の心を癒す存在になりその癒しの力を活用した仕事がアニマルセラピストなのです♪

 

フワフワした毛や、丸い目、ぷっくりとした尻尾など犬や猫と一緒にいると、不思議と心が休まり、穏やかな気持ちになるなーと思ったことはありませんか?

 

どんな人にも癒しを与えてくれる不思議な動物!

 

ワンちゃんやネコちゃんだけではありません。

 

癒しの力を持つ動物で代表的なのがイルカですね!

 

一緒に泳ぐととても癒される動物です♪

 

アニマルセラピストとは、動物と患者が触れ合うことによって、精神的な面から病気を快方に向かわせたり長期の入院などで精神が弱っている方を癒したりするアニマルセラピーを行う人のことをいいます。

 

イルカを使って自閉症の子供の症状を改善させたり、乗馬によるアニマルセラピーで情緒不安定な方に自信をもたせたり外国では、古くからアニマルセラピーは盛んに行われてきていました。

 

外国に比べて日本では、アニマルセラピーに対しての見識や、実践が遅れていましたが近年、馬を通じたアニマルセラピーを行う民間の機関も増え、アニマルセラピーに対しての注目は高くなっています。

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられるアニマルセラピストのスクール&講座はこちらへ♪

人間のパートナー♪

基本的にアニマルセラピーに使用される動物は哺乳類が多く、馬、犬、ネコなど古くから人間のパートナーとして近くにいる動物が利用されています。

 

病気の方に対してだけではなく、最近の高齢化社会では独居老人の方も増えそのような人にも動物を通じて癒しを与え生きる楽しみを再び感じてもらうといったこともこれから増えてくるでしょう。

 

どのような方法で、どんな動物に接したら最大の効果を得ることができるのか?

 

アニマルセラピストは、そういった判断を行い実践していく仕事です。

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられるアニマルセラピストのスクール&講座はこちらへ♪

アニマルセラピストのスクールとは?記事一覧

 

動物が大好き!とにかく好きという気持ちから、このアニマルセラピストを目指す方が多くいらっしゃいます。いまのところ特に資格が必要というわけではありませんがアニマルセラピストを目指し基礎から習得していきたいならば、動物介在福祉士をとるのがいいでしょう。動物介在福祉士の資格は、動物を利用して精神的に疲弊している方に癒しを与えたり動物と共に体力回復のトレーニングを行わせたりする為患者さんの病気に対する知識...

 
 

動物といっても、私たち人間とまったく同じように、心がありますので感情もあります。動物と人間の違いといったら、やはり言葉を話せるか話せないかではないでしょうか?言葉を持たない動物たちは、私たちよりももっと繊細な感情を持っています!嬉しいときは、尻尾をふったり、悲しいときはその動物の健康面にも関係してくるのです。動物は、人間の心は感情、声のトーンなどにもとても敏感です。それくらいにとてもデリケートな動...

 
 

やはり動物を取り扱う関係との相性がいいでしょう。また社会福祉士や精神保健福祉士も心理学を学んでおくとより患者さんと動物の架け橋になりやすいでしょう。まずは、動物共生環境コーディネーター。初めてこの資格の名前を聞く人も多いかと思います。最近の住宅環境の変化により、ペットと共生するのも大変難しくなってきており、集合住宅などでは、動物を飼うことが禁止されたり、動物によって近隣トラブルが起こったりしていま...

 
 

日本では、まだアニマルセラピーによる治療法が一般的でない為、ボランティア活動でアニマルセラピーを行う例が多いです。アニマルセラピーによる効果は、認められてきており、注目は高まっています。これから、医師の治療の一環として、アニマルセラピーを採用するところも増えてくると考えられています。アニマルセラピストは動物の扱い人間の心理学に対する知識が深いのでどちらの分野でも活躍が期待できるでしょう。