アニマルセラピストと相性のいい資格とは

MENU

相性のよいものとは?

やはり動物を取り扱う関係との相性がいいでしょう。

 

また社会福祉士や精神保健福祉士も心理学を学んでおくとより患者さんと動物の架け橋になりやすいでしょう。

 

まずは、動物共生環境コーディネーター。
初めてこの資格の名前を聞く人も多いかと思います。

 

最近の住宅環境の変化により、ペットと共生するのも大変難しくなってきており、集合住宅などでは、動物を飼うことが禁止されたり、動物によって近隣トラブルが起こったりしています。

 

そういった状況を改善して、人間と動物が住みよい、共生できる環境を考案していく資格になります。

 

動物に対しての知識はもちろんのこと、住環境に対しての知識も必要となるため現在人気があります。

 

家庭犬訓練士

動物をしつけるという観点から家庭犬訓練士もアニマルセラピストと相性がいいでしょう。

 

警察犬や盲導犬のように特殊な訓練をしつける仕事ではなく家庭犬として、一般的なマナーをしつけることになります。

ただ単に犬をしつけるだけではなく、犬の飼い主に対してのカウンセリングも行い、犬と人間の両方とコミュニケーションをとる能力が必要になります。

 

資格というわけではありませんが、アニマルセラピーでは犬と同様、馬を使用してセラピーを行うことも多いので、乗馬の技術は習得しておいて損はないと思います。

 

【アニマルセラピスト】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

アニマルセラピストと相性のいい資格とは関連するページ

どのようなものか?
技術とは?
役立つこと