福祉住環境コーディネーターのスクール

MENU

福祉に関係した住宅のスペシャリスト

福祉住環境コーディネーター、このスクールについて皆さんは耳にしたことがあるでしょうか?

高齢化社会ということで、介護系の資格が注目され、色々な種類がある中でこの福祉住環境コーディネーターというのはあまり多くは知られてはいません。

バリアフリーという言葉は聞いたことがある人も多いかと思います。

高齢の方が毎日の日常をすごす自宅。

私たちが普通と思うことでも、お年をめした方には不自由に感じてしまう事があります。

たとえば、ちょっとした段差や階段などですね。

こういった不安などを解消してくれるのが福祉住環境コーディネーターということになります。

福祉といえば、介護福祉士や社会福祉士が有名です。

どのようなものなのかというと高齢者や障がい者など体の不自由な方が安心安全に暮らせる住まいを提案しサポートを行うことができる福祉に関係した住宅のスペシャリストなのです。

高齢化社会となっている日本では最近、バリアフリー住宅、ユニバーサルデザイン住宅などが注目を集めており需要が高まって注目されています。

リフォームは誰でも聞いたことがありますが、今とても注目度が高いのがリノベーションです。

1から住宅を建てるのではなく、古い建物をご自身のライフスタイルや年齢などを考慮して
間取り内装、外装を直していきます。

昔ながらの住宅は、高齢者に優しいつくりをしている建物が多いです。平屋なども段差などが少ないので、高齢者の方にもとても良いでしょう。

リノベーションする際も、細かな事を福祉住環境コーディネーターと相談しながらなんていうのもとてもいいと思います♪

【BrushUP】であなたの地域で受けられる福祉住環境コーディネーターのスクール&講座はこちらへ♪

安全、安心な環境を整える仕事

将来の家族のことを考えて住宅をリフォームする時はもちろん、今後の家族との暮らしなどにも福祉住環境コーディネーターの知識を生かすことができます。

 

福祉に関係した住宅といっても、福祉用具などについての知識はもちろん住宅を改修、リフォームするための補助金や融資制度といったことについても学びます。

 

快適な空間で高齢者や障がい者が自立した生活を送るために必要な幅広い知識を学びます。

 

専門知識を活かし、安全安心な住環境を整えるのが福祉住環境コーディネーターの仕事なのです。

 

住宅を建てるときは誰もが、住みやすい!それを1番に最優先するのではないでしょうか?

 

しかし、住宅を建てた時の状況と自分が年をとったときの状況は確実に変化します。

 

もちろん、あとからリフォームするということもできます。

 

しかし、その年をとった時をイメージして建てるというのもとても大切な要素です。

 

プロフェッショナルなこの福祉住環境コーディネーターの力を借りるときが必ずくるでしょう!

 

ですので、この資格はとても大切なのです。

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられる福祉住環境コーディネーターのスクール&講座はこちらへ♪

 

【ケイコとマナブ】であなたの地域で受けられる福祉住環境コーディネーターのスクール&講座はこちらへ♪

 

福祉住環境コーディネーターのスクール記事一覧

 

どのような技術を持っているのかというと、福祉の視点で住環境を見つめ、どのような整備が必要であるか、どうすれば安心安全な住宅となるかを考え、作り上げることです。専門知識を活かし、問題点を見つけ、解決策を考える技術が求められます。

 
 

実は、福祉住環境コーディネーターの資格は、実際取得しただけでは就職・転職は難しいのが現状なのです。今は、医療事務や介護事務、介護ヘルパーなどの医療関係の資格取得を目指す人がかなり多くいらっしゃいます。その中でもこの資格は、あまり大きくは知られていないので、転職などに有利になることは確実ですが資格をとった!だけでは少しハードルが高いのです。どういった仕事と相性が良いのかというと、やはりホームヘルパー...

 
 

取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか?それは福祉住環境コーディネーターを取得すことで、どのような場面で役立てることができるということが大切なことです。取得する人のほとんどが、スキルアップという目的のために資格を取得しています。