福祉住環境コーディネーターの技術とは?

MENU

技術とは?

どのような技術を持っているのかというと、福祉の視点で住環境を見つめ、どのような整備が必要であるか、どうすれば安心安全な住宅となるかを考え、作り上げることです。

 

専門知識を活かし、問題点を見つけ、解決策を考える技術が求められます。

日本の住宅

日本の多くの住宅は段差が多く、廊下が狭いという特徴があります。

 

このような住宅は、高齢者や障がい者などの体の不自由な方にとっては非常に暮らしにくい環境なのです。

 

段差でつまづいて骨折する人も非常に多くいますし、足腰が弱り車いすでしか移動できないという人は廊下が狭くて移動ができず部屋に閉じこもってしまうことも多いのです。

 

そこで、福祉住環境コーディネーターの技術が必要となります。

知識と技術が求められる職

どのような問題点があるのかを見つけ、快適に暮らせる環境を提案するのが福祉住環境コーディネーターの役割です。

 

依頼者の希望を組み入れつつ、どのようなリフォームや改修が必要であるか、どのような福祉用具が必要であるかを提案します。

 

また、工事がきちんと施工されているのかを確認したり、ケアマネジャーやホームヘルパーといった専門職との仲介を行うのも福祉住環境コーディネーターの役割です。

 

福祉住環境コーディネーターはさまざまな場面で知識と技術が求められる職と言えます。

 

 

【福祉住環境コーディネーター】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

福祉住環境コーディネーターの技術とは?関連するページ

どのようなものか?
相性のよい資格とは?
講習を習得して役立つこと