福祉住環境コーディネーターの講習を習得して役立つこと

MENU

役立つことは?

取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

それは福祉住環境コーディネーターを取得すことで、どのような場面で役立てることができるということが大切なことです。

 

 

取得する人のほとんどが、スキルアップという目的のために資格を取得しています。

いつかは皆、高齢になっていく・・・。

特に福祉や医療関係で仕事をしている人、また建築関係で仕事をしている人にとっては福祉住環境コーディネーターの知識がとても役立ちます。

 

高齢者や障がい者が困っている時など、福祉住環境コーディネーターの知識が役立つ場面が多いのです。

 

では、それ以外の方々にとっては意味がない資格なのかというとそんなことはありません。

 

今現在は、自分も含めて家族は健康であれば、福祉の知識など関係ないと思う方が多いかもしれません。

 

しかし、人というのは必ず年老いていきます。
特にこれからの高齢化に必ずなるといわれている時代には、高齢者を対象にしたお仕事がとても重宝されることは
確実です。

 

医療事務や、介護事務の資格を目指す人は実は今はとても多いです。
ですので、資格を取得しても、就職や転職の壁は少し高いかもしれません。
しかし、この福祉住環境コーディネーターの資格は、今はまだあまり多く知られてはいない状況ですので
取得さえしてしまえば、とても活躍できるといえます。

 

 

自分はもちろん、配偶者や両親などが高齢になったとき、いつか必ず福祉の知識が必要になる時がきます。

 

そこで力を発揮するのが福祉住環境コーディネーターの知識です。

 

高齢者の方の役に立ちたいという気持ちのある方が取得を目指すのが多いですが
インテリアや不動産などに興味があり、かつ人の役に立てる仕事をしたいという方が
スキルアップとして目指す資格でもあります。

 

とても幅広い知識が必要になりますので、スキルアップとしてはとても最適です♪

家族が高齢になった時にも大活躍

家族のために住宅をリフォームする時はもちろん、家族が高齢になった時どのような事をしなければならないのかなどが、

 

福祉住環境コーディネーターの知識を身に着けていれば役立てる機会があります。

 

実際に、私の祖母が高齢になったとき、自宅のトイレ、玄関などの改修を行いました。

 

その時にやはり、福祉住環境コーディネーターの知識が必要だと思いました。

 

今後の家族のために福祉住環境コーディネーターの知識を学んでみてはいかがでしょうか。

 

人の役に立っていると実感しながら仕事ができる、とても素敵な資格ですよ♪

 

【福祉住環境コーディネーター】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

福祉住環境コーディネーターの講習を習得して役立つこと関連するページ

どのようなものか?
技術とは?
相性のよい資格とは?