医療事務のスクール

MENU

病院のかお

大きい病院や個人病院で受付に座って、患者様のの受付業務と病院での事務全般を行います。

 

患者様が一番最初にコンタクトする、とても重要なポストでもあります。

 

患者様が不安な気持ちにならないように、最高の笑顔でお迎えするのもとても大切なことです。

 

医療事務の仕事の中で、一番重要な仕事は診療報酬明細書というものを作成することです。

 

どんなお薬、治療にも細かく点数が決まっています。

 

この点数をもとに、患者様に請求書処理を行いますので間違いのないように、丁寧に計算することが大切になってきます。

 

診療報酬明細書(レセプト)というのは、病院が患者様に行った診断の中でで発生した医療費について直接、患者さんに請求しない分、国民健康保険を使用した場合は、市町村への請求の明細書になります。

 

社会保険を使用した場合は、健康保険組合への請求の明細書を作成することです。

 

2010年からは、この診療報酬明細書の無償での発行が各医療機関に義務化されたので、以前よりも重要度が増してきています。

 

最近の病院は、紙カルテより電子カルテが主流になってきています。

 

その際に必要になってくる【診療情報管理士】という資格もあわせて取っておきたい資格の1つになります。

 

診療情報管理士と聞くと、なんだかとても難しそうに思いますが合格率60から80%と、比較的取得する壁は低そうなので挑戦して、ぜひ医療事務のお仕事に生かしてください。

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられる医療事務のスクール&講座はこちらへ♪

 

重要なポスト

診療報酬明細書の作成は、医療事務の区分けになるので、この仕事を行うか行わないかにより一般の事務の方とわかれます。

 

大きな病院の場合は、一般の事務の方も医療事務の方もいらっしゃる場合ががあります。

 

個人病院、診療所などの場合は、受付は1人や2人体制のところが多く医療事務の仕事ができる、経験のある人を採用し、受付も兼務してもらうことが多いようです。

 

受付業務や、診療報酬明細書の作成の他にも患者さんのカルテの作成や医師の秘書としての仕事をこなすことも、医療事務の従事者には求められる仕事になります。

 

笑顔でお迎えすること、正確に間違いのないようにレセプトを作成し患者様に安心感をあたえるとても大事な仕事、それが医療事務のお仕事です。

 

資格を1度取っておけば、ブランクがあっても再就職に有利な仕事でもあります。

 

これからの高齢化社会、とても重要なお仕事、そして何より患者様に感謝される素敵なお仕事、医療事務をこの機会に取っておくことをぜひオススメします!

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられる医療事務のスクール&講座はこちらへ♪

 

医療事務のスクール記事一覧

 

医療事務に関するものは数種類ありますが一般的に言われているのは、患者様に医療費を請求するのに、とても大事になるレセプト作成が主になる診療報酬請求事務能力のことです。点数間違いなどがあると、請求金額が変わってしまうので正確になおかつ、迅速に行う必要があります。しかし、医療事務は、点数1つ1つを覚えるのではなく点数表から、いかに迅速に探し出せるかの能力が大変重要です!この診療報酬請求事務能力認定試験だ...

 
 

病院や、診療所などの医療機関での、事務や患者様のご対応全般が最低限の能力となります。その中でも、医療事務の仕事の中心となるのは、診療報酬請求明細書(レセプト)の作成については保険制度へのの理解や、診療報酬に対する知識が必要となってきます。基本は、こと細かく決まっている点数を理解することです。しかし、医療事務は、その点数を暗記することは必要ありません。なぜなら、すべての点数が記載されている点数表があ...

 
 

医療事務ととても相性のよい資格とは何でしょうか?一緒に取得しておけば、スキルアップも見込めますのでぜひ知っておきたいです!中でも、相性が良いと言われているのが、調剤薬局事務になります!調剤薬局事務の仕事は、薬の料金を市町村や健康保険組合に請求するため点数を計算して調剤報酬明細書(レセプト)を作成する仕事が主な仕事になってきます。仕事内容については、医療事務とほぼ同じですが調剤報酬明細書と医療報酬明...

 
 

医療事務の資格を取得してできることは、病院や個人医院などの診療所の医療機関での受付業務を行うことができます。治療費の計算や、医師の簡単なサポートなど、仕事内容は多岐にわたります。とても幅広い仕事内容は、自分自身を向上させ、なおかつとても感謝されるすばらしい資格なのです♪近年の高齢化社会によって、医療機関へ通院される患者様は年々増えているのが現状です!しかし、医療関係の資格を取得する人が増えている一...