医療事務の技術とは?

MENU

技術とは?

病院や、診療所などの医療機関での、事務や患者様のご対応全般が最低限の能力となります。

 

その中でも、医療事務の仕事の中心となるのは、診療報酬請求明細書(レセプト)の作成については保険制度へのの理解や、診療報酬に対する知識が必要となってきます。

 

基本は、こと細かく決まっている点数を理解することです。

 

しかし、医療事務は、その点数を暗記することは必要ありません。

 

なぜなら、すべての点数が記載されている点数表があるからです。

 

ですので、覚えるということより、その点数表の中から、どれだけ迅速に、かつ正確にかかった薬の代金や、治療にかかった治療費を探し出せるかの能力が大切です。

 

自分流に、点数表に付箋をはったり、線を引いたり、工夫をすることでかなり早く探し出せるようになってきます。

 

探すコツをつかめば、言ってみれば誰でもできるようになります。

 

日々の努力がスピードにつながります!

 

医療事務の仕事に就いている方は、病院や個人医院、診療所での受付の仕事を兼務することが多いのが現状です。

 

病院に来院される患者様は、何かしらの不安な気持ちをを抱えて来院れるのがほとんどになりますので、気持ちのこもった言葉や態度、言い回しなどによって、健康な人より敏感になってしまうことが多いです。

 

考えてみてください。

 

キツイ言い方や、ムスっとした態度で病院で迎えられた場合どんな気持ちになるでしょうか?

 

それでなくて不安な気持ちなのに、もっと不安になりますよね?

 

患者様に、不安を与えない話し方や態度などの対人関係ののコミュニケーション能力の高さも大変必要となるでしょう。

 

まずは、最高の笑顔で迎えましょう!

医師の秘書職について

医師の秘書としての役割を担うため、患者様ののカルテを作成することもあります。

 

診療所や、個人病院などは、紙カルテを使用しているところも多いですが現在は、電子カルテを使用している医療機関が多くなっています。

 

カルテの内容については、医師からの指示通りに記入することになります。

 

医学知識を全く持っていなければ、医師からの指示についても理解することができないでしょう。

 

そのため、基本的な医学の知識は身につける必要がありますね。

 

医療についての事務系の知識はもちろんのこと、対人的なコミュニケーション能力や医学知識など医療事務に対して要求される技術は高いというのが、取得者の需要が高いということの理由にもなります。

 

今まで、かかわったことのない、接客業や事務職に就いていた方にもぜひ挑戦していただきたい、とても大切な資格が医療事務なのです。

 

【医療事務】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

医療事務の技術とは?関連するページ

どのようなものか?
相性のよい資格とは
取得してできること