医療事務とはどのようなものか?

MENU

どのようなものか?

 

医療事務に関するものは数種類ありますが一般的に言われているのは、患者様に医療費を請求するのに、とても大事になるレセプト作成が主になる診療報酬請求事務能力のことです。

 

点数間違いなどがあると、請求金額が変わってしまうので正確になおかつ、迅速に行う必要があります。

 

しかし、医療事務は、点数1つ1つを覚えるのではなく点数表から、いかに迅速に探し出せるかの能力が大変重要です!

 

この診療報酬請求事務能力認定試験だけが、唯一国家認定資格となっているので、他の資格と比較しても、信頼、需要がとても高く医療事務関連の仕事でも一番人気が高いといえます。

どこのスクールを選ぶかが、まず最初の大事な事

 

 

診療報酬請求事務能力認定試験の取得とは、診療報酬明細書(レセプト)を作成する能力を必要とするのを目的としたものになるので、医療保険の制度や診療報酬についての知識が必要となってきます。

 

 

その知識以外にも医学についての知識や、介護保険制度に関する知識など幅広い知識を必要とするので、医療機関での実務経験がない場合は、なかなか合格するのは難しく合格率は約30%くらいといわれています。

 

医療機関での実務経験がない人がこの資格の合格を目指すならば独学で勉強するよりも専門のスクールに通学するか通信教育のカリキュラムで学習するのがいいでしょう。

 

ここ最近は、医療事務の人気が高くなったせいかたくさんのスクールがあります。

 

まずは、受講日程・時間が決まっている通学制にするのかもしくは、自宅で自由な時間で学べる通信制にするのかを決めるところから始まります。

 

両方に、メリット・デメリットがあります。

 

下記に簡単にまとめてみました。

 

☆通学制のメリット☆

 

・講師に、疑問点などをいつでも聞きたいときに質問できるのでその場ですぐに解決することができる。

 

・仲間と一緒に学んでいくので、一体感がうまれてやる気も出る。

 

★通学制のデメリット★

 

・日程と時間が決まっているので、仕事をしている人や主婦などなかなか時間の設定が難しい。

 

・周りはわかっているのに、自分だけわからないと疎外感がうまれやる気がなくなってくる・・・

 

☆通信制のメリット☆

 

・学ぶ締め切りはあるものの、自由に時間・場所を選ばず自分のペースで自由に学ぶことができる

 

・わからないことなどは、パソコンや携帯などで調べて解決することができる。

 

★通信制のデメリット★

 

・基本的には、1人で学んでいくため、勉学に行き詰ることもある。

 

ご自分のライフスタイルに合わせて選択できるのも、医療事務の魅力でもあります。

メディカルクラーク検定試験もお勧め

この資格よりも難易度が低い医療事務には、メディカルクラーク検定試験があります。

 

受験するには、医療事務講座などを受講し終わり、受験資格を得る必要があります。

 

メディカルクラーク検定試験に合格してから、診療報酬請求事務能力認定試験を受験する方が多いのが現状です。

 

【医療事務】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

医療事務とはどのようなものか?関連するページ

技術とは?
相性のよい資格とは
取得してできること