医療事務と相性のよい資格

MENU

相性ののよいものは?

 

 

医療事務ととても相性のよい資格とは何でしょうか?

 

一緒に取得しておけば、スキルアップも見込めますのでぜひ知っておきたいです!

 

中でも、相性が良いと言われているのが、調剤薬局事務になります!

 

調剤薬局事務の仕事は、薬の料金を市町村や健康保険組合に請求するため点数を計算して調剤報酬明細書(レセプト)を作成する仕事が主な仕事になってきます。

 

仕事内容については、医療事務とほぼ同じですが調剤報酬明細書と医療報酬明細書は全く違うものなので出題範囲も内容も違います。

調剤薬局でレベルアップ♪

医療事務と比較してみると、調剤薬局事務の資格は難易度が比較的低いと言われているために合格を目指しやすいと思います。

 

医療事務を取得する前に、難易度の低い調剤薬局事務を取得してから2つの資格を持っていれば働ける場所はとても増えて、就職にも断然有利になります。

 

個人医院でも、調剤薬局を併設しているところもあるので、どちらの資格も持っていれば医院での受付としても薬局での受付としても、仕事を任せることが可能なので病院側は是非採用したいと思うことでしょう。

 

さらに、病院だけではなく、お薬やさんやドラッグストアなどにある薬剤全般も販売しているところでも勤務が可能になります!

 

こちらでは、得に接客業のスキルが大切ですね♪

 

薬の知識のない方が買いにこられた場合は

 

『○○に効く薬を買いに来たんだけど、どんなのがありますか?』などと尋ねられる事が大変多いです。

 

説明できる、最低限の知識を身につける必要がありますね!

 

スキルアップを目指して、ぜひ複数の医療関係の資格を取得することをオススメいたします!

歯科助手でレベルアップ♪

歯科助手ともとても相性がいいですね!

 

歯科助手の仕事は、医療全般ではなく歯科での事務のスペシャリストとなります。

 

医療事務と違うところは、事務だけではなく歯科治療のサポートも行うことです。

 

医師の補助業務は、治療する患者様の程度にによって、使用する器具や対応方法が変わってきますので、臨機応変にできる能力、そして、細かい作業が多くなりますので
迅速に動けるフットワークも大切ですね!

 

慣れてくれば、どんな治療のときは、この器具が必要などわかってきますので、心配はありません♪

 

歯科助手と医療事務を併せ持つことで、歯科でも重宝される人材となるでしょう。

 

こちらも、医療事務と同様、受付のカウンターに座り患者様のお迎えや会計業務なども兼務している場合が大変多いです!

 

ですので、歯科関係の知識と、コミュニケーション能力も大変重要です!

 

【医療事務】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

医療事務と相性のよい資格関連するページ

どのようなものか?
技術とは?
取得してできること