介護事務の仕事と相性のいい資格とは?

MENU

相性のいい資格とは?

介護事務士の仕事と一番相性のいいのはやはり、多く知られているケアマネージャーです。

 

 

介護の現場において介護事務士が、介護に関する事務のスペシャリストだとすればケアマネージャーは、介護そのものに関するスペシャリストです。

 

二つの資格についてはどちらも介護関連なので、出題される問題も共通の問題が多く特に、介護事務を取得する場合には介護に関する知識はかなり深いところまで理解しなければならないでしょう。

 

介護事務士を所持している人にとっては、ケアマネージャーの取得の勉強は非常にやりやすいでしょう。
 
介護支援専門員が一般的にケアマネージャーと呼ばれています。

 

深い知識や専門性の高い資格ではありますが、介護の仕事に興味のある方は最終的にはこの資格を取得する人が多いです。

 

総合的な介護に対するコーディネートや、介護サービスを提供する施設などの架け橋となるとても重要なポストになります。

 

 

 

 

具体的な仕事内容としては・・・

 

基礎から身につけた医療、福祉などのさまざまなサービス内容をを理解した上でというのが大前提になります。

 

そして、介護が必要な高齢の方の要望などを考慮した上でその日とその人に合ったコーディネートをしていくのが主になります。

 

介護を必要としている施設利用者との面談などから、どのようなケアが万全なのかというプランなどの作成そして、介護サービスを行っている施設や業者などとの細かい調整作業など、仕事内容はとても多岐に渡ります。

 

関連した資格が役立つ

基礎の医療や介護の知識を身につけ、さらに、介護を提供する施設などで実務経験を積んだのならこの資格を取得することをとてもオススメします!

 

介護支援専門員を取得するためには、実務経験が10年以上という受験の条件があります。

 

介護福祉士などを取得している場合であれば受験の条件は緩和され、5年以上の実務経験があれば受験可能になります。

 

介護の仕事に就いている人ならば、やはり自分のスキルアップを目指す人が多いようです。

 

実務経験のハードルは高いですが、資格取得を目標に頑張ることもできるのでしょう。

 

ケアマネージャーの仕事は、介護を必要とする人のプランを作成することが、メインの仕事となります。

 

介護保険事務士の資格をもち、さらにケアマネージャーを取得を併せて持つ人なら介護プラン作成時にかかる費用とサービスの上限を頭にいれて計算します

 

他のケアマネージャーと相談しながら介護プランを決めるよりも迅速にプランを決定することができるでしょう

 

あなたの地域で受けられる介護事務のスクール&講座♪

介護事務の仕事と相性のいい資格とは?関連するページ

どのようなものか?
技術とは
役立つこと