介護事務士の技術とは

MENU

技術とは

医療事務の場合と違い介護にかかる費用は、サービスを受けられる上限が決まっているので上限を超えてしまうとそれは患者さんの負担となってしまいます。

 

介護事務士は、サービスの上限を超えないように介護内容を調節しながら、介護費用の明細を作成しなければなりません。

 

介護内容についてはどのような介護が必要なのか?

 

実際に、絶対必要な介護というものは削ったり変更することができない為担当のケアマネージャーと

 

よく相談しながら、介護プランを決定していきます。

 

この際に、介護の内容についての知識がなければケアマネージャーとの調整の話し合いもスムーズに行うことができません。

 

介護の内容については、ケアマネージャーと同等程度の知識があることが望ましいです。

 

 

介護施設の重要ポスト

介護施設の運営のサポートを行うことも介護保険事務士の仕事の一つとなるので施設運営がスムーズに行えるよう、働いているケアマネージャー等の労務管理を行うことも仕事の一つです。

 

介護事務というと、事務という名前がついているためか、毎日パソコンの前で事務だけを黙々としているイメージがありますが、実は違います。

 

介護施設での受付業務や、電話応対や、サービスのお手続きの説明などと事務だけではなく、とても多岐にわたるお仕事をしていくことになります。

 

ですので、細かい点数の知識や、事務作業の正確性やスピード能力のほかにもコミュニケーション能力も必要となります。

 

また、施設が法令基準にのっとって運営されているのか判断しコンプライアンスに沿って運営されていない場合もあります。

 

それについて適正に正すという仕事もありますのでコンプライアンスについての知識も必要となります。

 

施設の運営にあたって、各種申請の手続きを行う場合と介護事務士の仕事になりますので、介護全般にわたる知識と、法令に関する知識の二つを持ち合わせていなければなりません。

スキルアップ

この資格を取得する前に、医療事務やホームヘルパーなどの資格を取得したあとにスキルアップとして目指す方が多い介護事務士。

 

比較的、難しい部類に入るこの資格ですが、1度取得してしまえばこれからの高齢化社会に突入する時代、確実に需要の高い資格といえます。

 

働く場所は多く、そして、働き方も選べるお仕事ですので専業主婦や、お子さんのいない時間帯だけ働きたい。

 

働き方もバリエーションも多くとても人気の高まっている資格といえます。

 

あなたの地域で受けられる介護事務のスクール&講座♪

介護事務士の技術とは関連するページ

どのようなものか?
相性のいい資格とは?
役立つこと