手話通訳士のスクール

MENU

知識・実践♪

手話通訳士・・・あまり深く知る人は少ないのではないでしょうか?

 

日曜の朝のテレビ番組や、教育でテレビの画面の端っこの別枠で、手話を行っている人。

 

それが、手話通訳士です。

最近は、文字放送が主流になってきているので、あまり見る機会は少なくなりましたが手話通訳士の方です。

 

手話通訳士の仕事で重要なのはもちろん、手話についての知識、実践ができることが必要となります。

 

手話ができるというだけでなく通常、手話通訳士の方がコミュニケーションをとる相手は聴覚に障害を持った方が多いので聴覚障害についての知識。

 

その方のサポートが可能になるように社会福祉についての知識も必要となります。

 

最近は、若者向けのドラマなどでも、福祉に重点を置いたものや手話を題材にしたドラマも多く見かけます。

 

そういったものを見て、目に不自由な方の役に立ちたいと感じ資格取得を目指す人も増えてきました!

 

とても素晴らしいことだと思います♪

 

しかし、資格を取得するのは簡単ではありません。

 

1つ1つ確実に、手の動きを覚えなくてはなりません。

 

その動きを1つの流れとしてまるでメッセージを送るようにスラスラと表現しなくてはなりませんから。

 

でも、1回覚えてしまえば簡単です。

 

演技をするように、まるで俳優になった気分で、相手に伝えることがとても大切です。

【BrushUP】であなたの地域で受けられる手話通訳士のスクール&講座♪

聴覚に障害をもつ人をサポートする仕事

手話の通訳ということなので自分自身と、聴覚障害を持つ方のコミュニケートだけではなく健常者の方と、聴覚障害者の間に入って、双方の意思を通訳するということも必要です。

 

伝える人によって、その手の動きが早く感じたりして読み取れないという方もいますから臨機応変に行うことも必要です♪

 

日本語のボキャブラリーは大変多く、すべての言葉に手話が対応しているわけではありません。

 

手話には対応していない言葉を適切な手話に変換して、相手に伝える必要があるのでボキャブラリーの多さやイマジネーションの力も、手話通訳士には大変重要な能力と言えるでしょう。

 

手話という手段を使い、総合的に聴覚に障害をもつ人をサポートする仕事が手話通訳士の仕事であるといえるでしょう。

 

今、福祉関係の仕事に就きたいという方が増えていますがこの、手話通訳士は、需要があまり多くはありませんが、とても大切で必要な資格です。

 

人の役に立てているととても大きく感じる資格で、素晴らしいものなのです。

 

【BrushUP】であなたの地域で受けられる手話通訳士のスクール&講座♪

 

【ケイコとマナブ】であなたの地域で受けられる手話通訳士のスクール&講座はこちらへ♪

 

手話通訳士のスクール記事一覧

 

話通訳技能認定試験になります。20歳以上ならだれでも受験可能で、特に受験資格などは必要ありません。試験は2日間の日程で行われ、1日目は学科試験で2日目は実技試験に分かれています。受験資格についてお話しますね。20才以上の方、目安は通訳の経験が3年以上ある方になります。学科の1次試験は9月に、実技の2次試験は11月になります。筆記試験の内容は、おおよそ通訳をする内容や意味を基本的な知識から深い知識ま...

 
 

技術とは大きくわけて3つあります。1つは正確な手話が実践できること。これは相手の話を聞き取って手話に変換する時のことです。耳の不自由な方は、その手の動きからすべてを理解します。単語単語には1つずつ意味が振り分けられ、その単語をなめらかに繋げることにより聴覚に障害のある方と、お話ができるようになるのです。生まれながらにして聴覚に障害のある方は、読唇術をもしかしたら学んでいるかもしれません。読唇術とは...

 
 

手話通訳士とはどのような資格なのか、みなさんなご存知でしょうか?テレビなどでしか見たことのないという方も多いかと思います。実際に、お会いしてその仕事を見る機会が少ないこの仕事ですが人間が生きていくうえで、とても大切な仕事といえます。聴覚に障害のある方と健常者の間のお話の橋渡しの重要な役目を果たしてくれるのがこの通訳の仕事です。聴覚に障害を持つ人に対して、社会復帰の援助や、スムーズな生活を行えるよう...

 
 

役立つこといえば、もちろん聴覚障碍者の方のサポートです。手話通訳士は専門性が比較的高く、目指そうと思ってもなかなか踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか?福祉関連の資格といえば・・・思いつく資格ではないかもしれません。医療事務や介護事務などももちろん大切な福祉の資格です。しかし、この手話通訳士は1対1で直接、障害をお持ちの方を確実にコミュニケーションがとれてそして、何よりもその人の助けになれ...