手話通訳士と相性のよい資格とは?

MENU

相性のよい資格とは?

手話通訳士とはどのような資格なのか、みなさんなご存知でしょうか?

 

テレビなどでしか見たことのないという方も多いかと思います。

 

実際に、お会いしてその仕事を見る機会が少ないこの仕事ですが人間が生きていくうえで、とても大切な仕事といえます。

 

聴覚に障害のある方と健常者の間のお話の橋渡しの重要な役目を果たしてくれるのがこの通訳の仕事です。

 

聴覚に障害を持つ人に対して、社会復帰の援助や、スムーズな生活を行えるように便宜を図ることも重要な仕事の一つとなります。

 

健常者と障碍者というように分けるのはとてもいやなことです。

 

耳が聞こえない、聞こえずらい方の毎日の生活は、私たちが想像するよりもはるかに大変な事があります。

 

たとえば、毎日過ごす家の中でしたら、自分が工夫することにより快適に過ごすことができます。

 

電話の音や玄関のチャイムどは、光やセンサーで知らせてくれるようにしたりテレビを見る際にも、聴覚に障害のある人専用にすることもできます。

 

そして、よくNHKや教育番組などで見かける、下に四角く枠になった場所で手を動かしている人、それそが手話通訳士の方です。

 

耳の不自由な方は、その手の動きを見てすべてを理解します。

 

ですので、とても大切で重要な役割を果たしてくれるのがこの資格です。

 

そして、この仕事と相性がいいのは、なんといっても社会福祉士ですね。

 

社会福祉士は国家資格で、難易度も高いのですが聴覚障害者の方だけに限らず様々な状況お手伝いできます。

 

生活が困難になっている方のサポートをする仕事です。

 

手話通訳士と社会福祉士の2つの資格を保持すれば多くの困っている方の役にたてることができます。

 

これからの日本現代は、社会に福祉に関する仕事がとても増えてくるのは確実です。

 

まずは、手話通訳士の資格をとってみてください。

 

そうすれば、自然と、もっと人の役に立ちたい、そのような仕事に就きたいと自分自身のモチベーションが上がると思います!

言語聴覚士とは相性抜群!!

言語聴覚士やホームヘルパーも、手話通訳士との相性は抜群にいいです。

 

言語聴覚士は、聴覚に障害があったりして、話すことが上手くできない方のリハビリテーションを行う資格です。

言語聴覚のリハビリテーションの対象者には、聾唖の方も多くいらっしゃいます。

 

手話ができない人ならば、筆談などで、コミュニケーションをとります。

 

手話通訳士の資格あれば、間接的な筆談でのコミュニケーションではなく、直接コミュニケーションを取ることができるので、リハビリテーションもスムーズに行えます。

 

また、聴覚障害者の方も手話が使えるので安心してリハビリに専念できるでしょう。

 

【手話通訳士】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

手話通訳士と相性のよい資格とは?関連するページ

どうようなものか?
技術とは?
役に立つことは?