手話通訳士の技術

MENU

技術とは??

技術とは大きくわけて3つあります。

 

1つは正確な手話が実践できること。

 

これは相手の話を聞き取って手話に変換する時のことです。

 

耳の不自由な方は、その手の動きからすべてを理解します。

 

単語単語には1つずつ意味が振り分けられ、その単語をなめらかに繋げることにより聴覚に障害のある方と、お話ができるようになるのです。

 

生まれながらにして聴覚に障害のある方は、読唇術をもしかしたら学んでいるかもしれません。

 

読唇術とは、読んで字のごとく、人が話している唇を読んで意味を理解します。

 

この技術があれば、多少雑な手の動きでも理解ができます。

 

しかし、聴覚に障害のある方すべてがこの読唇術をマスターしている訳ではありませんから手話にはとても深い重要な役割があるのです!

健常者の言葉を手話に変えて聴覚障害のある方に伝える

通訳が遅ければ、双方の間にストレスが生まれて、いいコミュニケーションがとれなくなります。

 

いかに、早く的確な手話で同時通訳に近い形でコミュニケーションをとらせるこれが一つ目の技術です。

 

2つめの技術は国語力です。

 

手話から、言葉に変換するときに直訳のようにそのまま伝えてしまうと、機械的な日本語になってしまいお互いの意思疎通はなかなかはかることができません。

 

手ですべてを表現する手話は、ただ手を動かせばいいというものではありません。

 

表現力豊かな手の動きをすることで、その人の感情なども一緒に伝えることができますから国語力もとても大切になります!

 

自分のもっている国語力で、手話から一番適切な言い回しをイメージして言葉に変換して通訳する、このような技術も必要です。

社会福祉に対する知識

聴覚に障害のある方が安心して生活できるように、社会生活をサポートするのも重要な手話通訳士の仕事です。

 

この仕事を行うために、社会福祉に対しての深い知識が必要となります。

 

専門的なこの資格ですが、今の現代、福祉に関する仕事に就きたいと考える方が増えてきています。

 

福祉関係というと、医療事務や介護事務などが最初に思いつくのではないでしょうか?

 

たくさんの人がそう考えるということは、たとえ資格を持っていても就職は狭き門になってしまう可能性のあります。

 

この手話通訳士は、資格を取るまでは勉強もたくさんしなくてはなりませんしとても大変かもしれません。

 

しかし、資格さえ取得してしまえば、活躍する場がとても多く用意されています!

 

そして、何よりもその人の役に立っていると、その場で確実に感じれるとても素敵な資格です♪

 

【手話通訳士】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪