手話通訳士をとって役に立つことは

MENU

就職に有利

役立つこといえば、もちろん聴覚障碍者の方のサポートです。

 

手話通訳士は専門性が比較的高く、目指そうと思ってもなかなか踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか?

 

福祉関連の資格といえば・・・思いつく資格ではないかもしれません。

 

医療事務や介護事務などももちろん大切な福祉の資格です。

 

しかし、この手話通訳士は1対1で直接、障害をお持ちの方を確実にコミュニケーションがとれてそして、何よりもその人の助けになれていると実感しながらお仕事ができます。

 

呼んで字のごとく、その人の手となり足となり、不自由な方にはとても大切な存在になります・

 

資格がなくてもサポートはすることができますし、独学で本を買い、手話を習うい、実践することは可能です。

 

手の確実な動きをマスターさえすれば確かに資格がなくても会話ができるようになります。

 

しかし、ボランティア活動ならいいですが一般企業や、公共機関への採用となるとやはりしっかりした資格の裏付けが必要となります。

 

聴覚障碍の方の施設などでは、手話通訳士は必須条件になりますし取得している人の絶対数は不足しています。

 

お客様と直接コミュニケーションをとる必要がある職場ならば需要は多いです。

 

市役所や銀行、福祉施設、百貨店などは、現在でも少しづつですが手話通訳士の方や取得した者の採用を行っています。

 

これから、福祉というものの、さらに重要視される社会になるのでさらに、需要は高まってくることでしょう。

 

健常者の人から見たら、聴覚に障害のある人はどのような生活なのだろう?と、そういった疑問からこの資格に興味を持つ方も多くいらっしゃいます。

 

それでも良いと思います。

 

そして、自分と同じような環境にしてあげたい、手の動きだけで音を感じてほしい、そういった気持ちがとても大事ですね♪

 

音は何も耳だけで聞くのではありません。

 

手でも音は聞けるのです♪心で聞くのですね!

社会のテーマ

取得してすぐにというわけにはいきませんが手話通訳士としての多くのキャリアを積むことによって自分でスクールを開き、手話の講座を開講することも可能です。

 

特別に高い道具なども必要ありませんので、自分の手とスキル1つで教室を開くことができるのです。

 

そして、福祉に携わりたいという方の夢を一緒に叶え、そしてたくさんの人を笑顔に導ける大変素晴らしい資格です!

 

障碍を持つ方と健常者の共生はこれからの社会のテーマとなってくると思いますので障碍者との橋渡しを行える仕事の一つとして手話通訳士は重要になっていくことでしょう。

 

【手話通訳士】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

手話通訳士をとって役に立つことは関連するページ

どうようなものか?
技術とは?
相性のよい資格とは?