フレグランスのスクール

MENU

フレグランスの意味

香水(パフューム)とイメージされている方が多いのではないかと思います。

 

その製品の成分によって、呼び名も変わるのをご存知でしょうか?

 

パルファムやオードトワレ、オーデコロンなど国によっても様々な言い方をします♪

 

そして、あまり知られていませんがエタノールの濃度や、香りの持続時間もそれぞれ違うのです。

 

 

★パルファン【エタノール濃度:15〜30%・持続時間:約5〜12時間】
★オーデパルファン【エタノール濃度:10〜15%・持続時間:約5〜12時間】
★オードトワレ【エタノール濃度:5〜10%・持続時間:約2〜5時間】
★オーデコロン【エタノール濃度:1〜5%・持続時間:約1〜2時間】

 

付けていく場所や、雰囲気、合う時間など選べる香水の楽しさもありますね♪

 

実際に香水はフレグランスの一つになるので、間違いではありません。

 

確かに、香水はフレグランスの代表製品ではありますが言葉自体は香水だけではなく、もっと広い範囲を指す言葉なのです。

 

【fragrance】という、単語が「香り、芳香、心地よい香り」という意味を示すとおりすごく簡単に言えばいい香りがするように作られた製品全てのことになります。

 

【ケイコとマナブ】であなたの地域で受けられるフレグランスのスクール&講座はこちらへ♪

すべての香りがフレグランス

香水以外にも、香りを楽しむアロマオイルや、アロマキャンドル。
ボディーローションやパーヒュームコロン、シャンプーなどの芳香性化粧品。

 

いい香りがする柔軟材や、香りつきのトイレットペーパーなどもフレグランスのに入りますし
食品などに使われる香料その一つです。

 

最近では、室内用の芳香剤もルームフレグランスと呼ぶようになり以前よりも、言葉の認知度が高まりました。

 

様々な商品に「フレグランス」という、名前がつくようになりましたがやはりまだオーデコロンやオードトワレといった香水を指すことに多く使われています。

 

男性用の香水はメンズフレグランスと呼ばれていて香水売り場ではこのように提示されています。

 

最近では、おしゃれに敏感な女性は、女性用ではなく男性用を使うこともとても多いですね♪

 

メンズといっても、昔は、きつい、それこそザ・メンズというような香りの香水ばかりが出ていましたが、今は、とても柔らかい香りなどの製品もたくさん出ているのも人気の秘密かもしれません。

 

女性用の香水はレディースフレグランスと呼ばれています。

 

今、1番人気が高まっているのが、バラの香りです♪

 

ラベンダーも人気が出ています。

 

たくさん種類がある香水ですが用途や行く先などのシーンによって、使い分けて楽しめるのがフレグランスの魅力の1つです♪

 

【ケイコとマナブ】であなたの地域で受けられるフレグランスのスクール&講座はこちらへ♪

 

フレグランスのスクール記事一覧

 

フレグランスの講習の種類は大きく分けて3つあります。◆つけ方、様々なシーンに適したフレグランスの選び方◆実践的なフレグランスの使い方について学ぶ講習。◆フレグランスの作成、それぞれの香りについての相性などを学ぶの調合講習。基本的なことから、フレグランスの歴史などの知識をより深めるための講習がなどもあります。調香が初めてという方から、ある程度、フレグランスに対しての香りや調香の知識をお持ちの方までた...

 
 

使用のテクニックで一番重要なのはいつつけるか?どこにつけるか?どのくらいつけるか?  この3点です。いつ?に関してはフレグランスの香りの移り変りについて知識が必要です。つけたときに香るトップノート♪つけてから、約 5〜10分くらいしてから香るのがトップノートです♪この香りは、ベルガモットやシトラスなど爽やかで清々しい柑橘系や揮発性の高い成分が中心といわれます。中間で香るミドルノートは、甘いフローラ...

 
 

主となる香料と、香料を溶かす溶剤と蒸留水によって作られます。香料を溶かす溶剤についてはアルコール原料のエタノールが使われることが一般的です。フレグランスを調合する際、香料の濃度によって香りの強さが変り種類も変ってきます。香料の割合が8%〜15%の場合はパフューム(オーデ・パルフム)4%〜8%の場合は、オード・トワレ。香料が2%〜4%はオーデ・コロンと呼ばれ香料の割合が高ければ高いほど、香りが強く持...

 
 

習得して役に立つ一番のことはまず、自分を知ることができることです。香りというものは、人の思い出や記憶に鮮明に残っていくものだといわれます。香水だけではありません。洗濯石鹸の香りや、シャンプー、ボディーソープやボディクリームなどその時々に知らず知らずに選んだ香りで、自分のおかれた日常や、感情などチョイスする香りも変わってきます。1番分かりやすい例でいうと、癒されたいときなどにはラベンダーやカモミール...

 
 

最も相性がいいなと一番初めに真っ先に思い浮かぶのが、調香師の資格ではないでしょうか?私たちが日々生活していくのに、さりげなくではありますが香りというのは、とても重要なポイントにもなります。毎日、日々変化していく中で、その時々の気持ちや気分で、自然と選ぶ香水や芳香剤などの香りが変わっていることに気がつく事があります。その日常の大切な要素、香りを作り出すプロフェッショナルがあまり知られてはいませんが調...