フレグランスはどのような資格と相性がいいか?

MENU

ど相性がいいのは?

最も相性がいいなと一番初めに真っ先に思い浮かぶのが、調香師の資格ではないでしょうか?

 

私たちが日々生活していくのに、さりげなくではありますが香りというのは、とても重要なポイントにもなります。

 

毎日、日々変化していく中で、その時々の気持ちや気分で、自然と選ぶ香水や芳香剤などの香りが変わっていることに気がつく事があります。

 

その日常の大切な要素、香りを作り出すプロフェッショナルがあまり知られてはいませんが調香師なのです♪

 

香りが必要なたとえば、食品、お菓子、清涼飲料水や香料の入ったメイク用品を開発する化粧品メーカーなどから依頼を受けるところからお仕事が始まります。

 

その物の香りのテーマが決まっていたり、もちろんその企業の予算もあります。

 

その限られた中で、いろいろな知識や技術を駆使して、新しい香りを作り出すのです。

 

調香師は、香水の製作に携わる人のものと考えられていますが実際は、香水を作る調香師はパフューマーとよばれ、食品の香料を調合する調香師はフレーバリストと呼ばれます。

 

調香師の資格は、鋭い嗅覚が必要なのは当然のことそれ以外にも、香りに対しての記憶力が必要になってきます。

 

何百種類もの香りを嗅ぎ分けて、その香りを頭にインプットする能力やフレグランスの安全性や、素材に対する基礎知識。

 

または、市場のトレンドについての知識など幅広い知識が必要となります。

 

臭気判定士

近年、注目を集めているのが国家資格となった臭気判定士です。

 

文字通り、匂い(主に悪臭)を嗅ぎわけ環境の改善や、製品のレベルアップに貢献する仕事です。

 

日本フレグランス協会が主催するセールス スペシャリストの資格も深い知識が必要となります。

 

フレグランスの基本や、歴史といった基礎知識はもちろんのこと市場の動向や脳のしくみについなど多岐にわたる知識を要します。

パルファム・ソムリエール資格

フレグランスの取得の際はワインのソムリエと同じように香りに関する深い知識を有するパルファム・ソムリエールというのものあります。

 

これは輸入販売会社のブルーベル・ジャパンが主催している資格ですがブルーベルに所属していないと受験することができません。

 

日本フレグランス協会という、【フレグランスセールススペシャリスト】の資格を持ちなおかつ、実務経験が3年以上ないと目指せない資格になります。

 

まずは、基礎的な知識を身につけてから、スキルアップとしてさらに上を目指す方に最適な資格といえますね♪

 

【フレグランス】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

フレグランスはどのような資格と相性がいいか?関連するページ

講習とはどのようなものか?
使用のテクニック
調合テクニック
習得して役に立つこと