フレグランスの調合テクニック

MENU

調合テクニック

主となる香料と、香料を溶かす溶剤と蒸留水によって作られます。

 

香料を溶かす溶剤についてはアルコール原料のエタノールが使われることが一般的です。

 

フレグランスを調合する際、香料の濃度によって香りの強さが変り種類も変ってきます。

 

香料の割合が8%〜15%の場合はパフューム(オーデ・パルフム)4%〜8%の場合は、オード・トワレ。

 

香料が2%〜4%はオーデ・コロンと呼ばれ香料の割合が高ければ高いほど、香りが強く持続力が高いです。

 

香水といっても、さらに細かく分かれているのをご存知でしょうか?

 

多くの方は、オードトワレやオーデコロンはご存知かと思います。

 

その特徴や、持続時間、さらにはエタノールの濃度によって分かれています♪

 

パルファン【エタノール濃度】約15〜30%【持続する時間】約5〜12時間【特徴】1番濃度が高いので少しの量で香りを楽しめる。お値段はこの中で高め。

 

オードパルファン【エタノール濃度】約10〜15%【持続する時間】約5〜12時間【特徴】少量で香りを楽しめる♪さらには、価格も少し安め。

 

オードトワレ【エタノール濃度】約5〜10%【持続する時間】約2〜5時間【特徴】約数時間ほどで、香りがほのかに残る。一番使いやすい濃度。

 

オーデコロン【エタノール濃度】約1〜5%【持続する時間】約1〜2時間【特徴】ボディローションのようにかなりライトですので、気楽に楽しめる。

 

 

フレグランスの香りは、3段階に変化します。つけてからすぐに香るのが、トップノート。

 

3〜4時間で香りが変化するのがミドルノート

 

6時間〜12時間くらいがラストノートとなります。

 

これは、パフュームの香りの移り変わりの目安なので持続力が低いコロンになるともっと早くミドル、ラストノートに移行します。

自然に移りかわる香り

調合する香りの種類によって、さまざまな顔を魅せてくれる私たちの生活には欠かすことのできない香り。


そして、とても不思議なことに、最初にふたを開けた時の香りと数年たってからの香りとでは、まったく違うことに驚かされることがあります。

 

それは、香水のとても重要な特徴になります。

 

よく知られているトップノート、ミドルノート、ラストノートがその特徴を利用して香水をうまく楽しむポイントでもあるのです♪

 

香りを表現するために、芳香物質の揮発性を利用します。

 

揮発性が高い香料はトップノートになり、ミドルノート、ラストノートは揮発性の低い香料を利用します。

 

3つの香料の揮発性の違いによって、それぞれの香りの移り変わりを演出します。

 

この3つの香りの移り変わりがフレグランスつくりの基本となりトップからラストへ自然に移り変る香りを調合しフレグランスを作り出します。

 

【フレグランス】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪