まつ毛エクステで予想されるトラブルについて

MENU

アイスタイリストとは??

最近、ちまたで大流行のまつげエクステンションは若い女性の中でとても人気が出てきました。

 

以前は、つけまつげが主流でしたが、まつエクの最大の特徴の自分のまつ毛につけてよりナチュラル感が出せます。

 

お手入れもなくおきた瞬間からパッチリとした目元でいられる、最高のメイク法ということで幅広い年代の方が行っているのが現状です。

 

ですので、資格取得者も増加傾向にあります。

 

何もつけずに過ごせることと、自分のまつげと同じように扱うことが出来るので非常に便利ですね♪

 

また、まつげエクステでボリュームアップをしているので朝のメイク時間が大幅に短縮できますので忙しい方、さらには主婦、ママさんにも大人気です!

 

人工毛で作れているので、そのままでしばらく持続できるが人気の秘密でもあります。

 

そして、カールも持続性があるのでビューラいらずです♪

 

資格がなくても技術があれば、お友達をキレイしてあげられるのも魅力です。

 

人工のまつげを専用の糊で、数十本から数百本を自分のまつげの間に1本1本丁寧にに貼り付けていくと言うかなり繊細な作業になります。

 

民間資格の施術する人は、「アイリスト」「アイスタイリスト」と呼ばれる人が行います。

トラブルとは

とてもお手軽で持続効果もある便利なまつげエクステですが、最近トラブルが多く報告されています。

 

まつげエクステによるトラブルでよくあることは・・・

 

自分の自まつげと人工のまつげを合わせる接着剤が目に入って角膜を傷付け充血してしまった。

 

専用のり(グルーと呼びます)の接着剤が肌に合わず顔特に目元が腫れてしまったり人工毛が取れて目に入り角膜を傷付けてしまった。

 

 

接着している糊がまぶたの裏に貼りつき角膜を傷付けたり、視覚障害に陥ったりするというトラブルが相次いでいます。

 

さらに、まつ毛エクステは、自まつ毛につけるのが特徴とお話しましたがこちらもメリットとデメリットがやはりあるのです。

 

とても簡単にメイクアップできますが毛には、抜けかわるサイクルというものがあります。

 

まつげに多少の重さがかかっているぶん、ごっそりと自分のまつ毛も抜けてしまう可能性もあるのです。

 

防ぐには、やはりアイリストの技術にかかってきます。

 

当初は、まつげエクステをするときはまつげエクステをしてくれる専用の糊(グルー)がどのような糊であるのかでのトラブルになっていたこともあります。

 

原因が複数にわたり、お化粧をするよりもマスカラでまつげに塗ったとき目に入るマスカラよりもまつげエクステの洋画目によるトラブルが方向されている件数が多いのです。

 

資格を取得してトラブルの回避方法を学びましょう

 

 

 

【まつげエクステ】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪