誠の夢 社労士にはなったけれど

社労士の生の声が聞けるブログ

 

自分の将来に役立つ資格は是非持っておきたいものです。

若いうちはただ漠然と仕事を決めてしまい、果たして今の仕事は生涯を通してやっていける仕事なのか疑問を感じます。

そのため、次の仕事を決めるときに役立たせようと、資格を取る人が増えてきたのです。

生涯を通してやっていける仕事の条件は、やりがいのある仕事です。

それは、人の役に立ち、自分の仕事で喜ぶ人の顔が見られる仕事。

その条件にかなう仕事といえば、看護士、美容師、エステティシャン、整体士、介護福祉士などが挙げられます。

けれど、最近では役に立つ資格の中で法律が著しく目立ってきています。

 

社会保険労務士の資格

 

そこで社会保険労務士という資格をご存知でしょうか。

簡単な呼び名は社労士といって企業経営者に対して労務管理や社会保険の相談と指導を行いそれに基づいた書類関係を一気に引き受ける職業です。

あまり一般の方にはぴんとこない職業に思われるでしょうが、犯罪に関する法律家の弁護士とは違って雇用問題や賃金、退職金、企業年金など働く人たちに身近な法律に関する専門家です。

法律家でありながら普通に暮らす人々とかなり近くに存在するのが労務士の職なのです。

社労士の資格を取っておけば事務所に入り、労務士として働くことも出来、自身が経営者になり、やっていくにも大いに役立つ資格です。

社労士の資格に興味を覚えた方は、「誠の夢 社労士にはなったけれど」ブログをご覧になると社労士の仕事内容が良くわかります。

このブログ主さんは、元々社労士になる気がなかった女性で、それが一大奮起し、勉強して社労士の資格を得られたのです。

その経験をこのブログに綴られて、次に社労士受験する人のために役立つよう作成されています。

そのため、どのように勉強したか、メンタルを保つ方法など等、資格取得する人にとっては実にお役立ちブログに仕上がっています。

ブログ主さんは社労士資格に合格し、会計事務所を開業し、活躍なさっている現状ですが、それなりに苦労もおありで、そのへんも現場の声を聞けて、読んでみる価値は十分なブログです。

誠の夢 社労士にはなったけれど スクリーンショット 2015-01-22 14.02.34

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ