リフレクソロジーの技術とは?

MENU

どのような技術か?

冷え性やむくみ、体の色んな部分の改善に繋がる技術です。

 

足の裏の反射区と呼ばれる部分を刺激して症状を緩和します。

 

 

私たちの体中には、数え切れないほどのツボが存在します。

 

中でも、足裏やふくらはぎ、手のひらや頭には無数に存在しています。

 

このツボは抹消神経と呼ばれ、脳や脊髄などと密接につながっているのです。

 

このツボを不調な部分や、内臓と繋がってる部分を効率よく正確に押してあげることによって反射投影され、不調が和らぐと考えれています。

 

これは、医学的にも実証されているのです♪

 

リフレクソロジーの技術を持った人は、その知識でどの反射区がどこの内臓や内分泌腺に効くのかを知りつくしているので、確実に適切な刺激を与えることができます。

 

リフレクソロジーは国家資格ではないのでスクールや認定を受けれるリラクぜーションサロンで取得することが出来ます。

 

反射区は足の裏にあり各機関や部位と繋がりがあると言われています。

 

足ツボマッサージととても似ているなーと感じるかもしれません。

 

このリフレクソロジーの資格さえ持っていれば、ほかのマッサージの技術にも応用することができます。

 

将来、自分のお店を開くことができたならヘッドマッサージなどと併設することもできますので、とても便利な資格といえるでしょう♪

リンパを流すことがが大事

足の裏の反射区には抹消神経が集中していて刺激したり揉んだりして不快な症状を取り除きます。

 

身体の不快な症状を改善するために反射区は重要になります。

 

リフレクソロジーの場合、ひざ下の施術も行う場合もあるのでひざ下のふくらはぎのリンパの流れを左右の人差し指の側面で持ち上げるように膝裏から足首までをスライドさせます。

 

この方法で血流の流れを良くして、老廃物を流します。

 

女性の方は特に冷えに悩む方が多いので、リンパの流れを良くすることも大切なのです。

 

リフレクソロジーは足の裏の施術だけと思われがちですが、ひざ下から足の裏の範囲で施術を行って行きます。

 

ツボ押しの棒を使う場合もありますが、基本は親指を使った「サムォーク」というテクニックを使います。

 

サムォークは親指の腹を使い適度な圧をかけながら指をクネクネさせて前進させる方法です。

 

前進はしますが、後退は基本しません。

 

最近は女性だけではなく男性のかたの利用も多いので、親指でツボを押すだけではなく、人差し指の第2関節を曲げた先で行う事もあります。

 

ですが、人によっては、押しかたによっては痛いと感じてしまうことがあります。

 

感じ方は人それぞれですので、加減の訓練も必要です。

 

【BrushUP学び】であなたの地域で受けられるリフレクソロジーのスクール&講座はこちらへ♪

 

リフレクソロジーの技術とは?関連するページ

どういうものか?
仕事内容は?
相性の良い資格とは?