フードコーディネーターの技術とは

MENU

技術とはどのようなものか

この職は、まだ新しく出来たもので、求人雑誌で沢山募集されているほどニーズも無くクライアントから仕事を得るのも大変な仕事です。

 

それでも、食に関する豊富な知識を持ち、正しい食の安全を発信していくフードコーディネーターの職は大変意義があり誇りを持って出来るお仕事です。

 

そのため、仕事を得るのが大変でもやってみたい、と思う人が後を経ちません。

 

テレビを見ていて、食が出る番組がほとんどですよね?

 

この盛り付けなどもフードコーディネーターの大切な仕事です。

 

食に関する仕事・・・

 

たとえば・・・

 

レストランや喫茶店などもプロデュース業

 

テレビなどもメディアでの食のお仕事

 

食の商品に関する開発

 

など、人間が生きていくうえで欠かすことのできない食に関するお仕事はたくさんありますがこの資格を保有する人が少ない今が、目指すチャンスです。

 

まずは、食べ物が好き♪という気持ちがあれば誰でも目指すことのできるオススメの資格です。

 

食の安全性が叫ばれる現代、この資格があれば、いろいろな場所で重宝される資格です。

 

ただ、フードコーディネーターの生命線ともいえる食の知識はどんなにあっても足りないので常にに新しい情報を取り入れて行くのが大切です。

 

お料理を美味しくセンスの良く味付けする技術だけでなく、お店の方向性も見極めて提案していける指導力、立案力も必要です。

満足感た得られる仕事

お料理の提案がメインのお仕事ですが、料理の美しさのためにテーブルコーディネートの知識。

 

必要としまたはテーブルや料理の飾りとして欠かせないフラワーアレンジメントの技術も持っておくべきです。

 

その食べ物を入れる器やコップなどを選ぶセンスも大切です。

 

たとえば、ケーキをティッシュやアルミホイルなどの上に置いて提供されるのと、とても素敵なお皿に乗せて出されるのとでは、同じケーキでもまったく違うものに見えますよね?

 

あとは、直接関係のないように思える色彩感覚を養うカラーセラピストもオススメです。

 

食べ物には色が存在します。

 

サラダであっても、緑だけでは食欲をそそらないのではないでしょうか?

 

緑の中に、鮮やかな赤い色のトマトがあって、黄色い色のパプリカを入れてみたり色彩感覚もとても重要なポイントです♪

お店や料理を写真に撮るためのカメラ技術の腕前や、外回りの仕事のための運転技術など学ぶことは本当に多いのです。

 

クライアントの期待に答えられるよう、役に経つ資格や技術は、どんどん吸収していくこれらをかね添えるために、実際に現場でのフードコーディネーター達は努力を怠らない日々を送っています。

 

【フードコーディネーター 】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

フードコーディネーターの技術とは関連するページ

どのようなものか?
習得して役に立つことは?
相性が良いか?