食育スペシャリストの技術とは

MENU

技術とはどのようなものか?

仕事内容は、現在の食のあり方を講義として説明し、理想的な食の形を提案し、本当に現状の食生活を続けていくのが良いのか、どうかを改めて考えていくきっかけとなるよう、説明していく仕事です。

 

食育スペシャリストは、その名前の通り、食のスペシャリストですから、食に関しての知識が豊富でなければいけません。

 

健康な人の食生活だけでなく、赤ん坊からお年寄りまでの食事と病気の人の食事も熟知しておく必要がある仕事です。

 

離乳食のアドバイスなど近くの公民館で講義が行われることが多くあります。

 

そのとき栄養士などがアドバイスを行っているところが多いのですが食育ということばを多く耳にするようになってからは資格保持者に声がかかることも出てきているという話も聞かれるようになりました。

 

いつからどんなものを食べさせたらいいのか?

 

赤ちゃんに新鮮ないいものを食べさせたい新米ママさんは多くいます。

 

そのため野菜選び方、また野菜を育て方まで興味がある方が増えています。

 

今は食の安全がクローズアップされることがおおくなっているのも要因のひとつですね。

 

そのためなんでも手作りをしたいという主婦が多くなりました。

 

組み合わせや栄養が豊富な食料を正しく取るだけで、確実に体は良いほうに変わっていきます。

 

魚がどのように育ち、旬がいつなのかも知識をして取得できるのもスペシャリストだからこそかもしれませんね

 

 

それをわかりやすく講義して、世間の人に納得出来る説明をするのが食育スペシャリストの技術です。

食育の知識を世間に伝えていくこのが大事

食育スペシャリストになるには、講座を終了した後、認定試験に合格することで慣れますが、その後の仕事は技術や知識を磨くことで広がっていくでしょう。

 

けれど、習得した知識を自分の中に溜め込むだけでは、良い食育スペシャリストとは言えません。

 

優れた食育スペシャリストとは、勉強した食育の知識を世間に伝えていく努力をする。

 

素晴らしいプレゼンテーション技術を持っていることが条件です。

 

また小学校で食育の一環で花壇などで野菜を育てるところも増えています。

 

野菜が土の栄養分をもらどのように育つのか?
どんな葉なのか?
どんな実に成るのか?

 

小学生のほうが良く知っているのも学校で食育の授業がおこなわれているからこそかもしれません。

 

この技術を必要とする機関は沢山ありますから、活躍の場は、これから無限に広がっていくこととなります。

 

【食育】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪