食育スペシャリストの講座はどのような資格と相性が良いか?

MENU

どのような資格と相性が良いか?

食の全てのことに通じる大事なものです。

 

生きるとは食べると言っても過言ではないように、食べなければ私たちは生きていけません。
しかし、ただ食べるだけではダメです!

 

食べ物は栄養素を含んでいます。そして私たち人間の体はすべてが細胞できています。
バランスよくその栄養を摂取することで、健康に暮らしていけるのです。

 

その原点から学ぶ食育アドバイザーは取得して損のない資格のひとつでもあります。

 

自然に近い手法で作った野菜やお肉がいかに体を健康な体を作っていくのか?

 

どう調理すれば、一番栄養を損なわずに体の中に取り入れることが出来るのか、そして、何より食べることの意味を教えてくれます。

 

ですから、食育関連のどの資格にも通じているのです。

 

食育スペシャリストになるには「食育インストラクター」を持っていると食の現場で仕事していけます。

 

しかし、それでもスペシャリストと名がつく仕事のため、より多くの知識を求められます。

 

そこで同じ食の資格である「フードコーディネーター」や「野菜ソムリエ」などの知識があれば、かなり現場で役立つこととなります。

 

今幼児期からスポーツに力を入れている方が多くアスリートフードマイスターなども相性がいいといわれています。

 

子供の健康維持、そのスポーツに欠かせない栄養素、いつ、どんなときに摂取したらいいのか。

 

子供の気持ちを育てる食育と親がサポートするアスリートフードマイスターの資格を持ち合わせたら完璧ですね。

 

サッカーや野球のようにチームを組む場合はお母さん方を集めて講義することもできるので取得して損はありません。

 

成長期のお子さんの時期には、特に栄養素には気をつけたいです。

スイーツ部門

その中でも、最近外食産業で注目されているのがスイーツ部門ですが、美味しくてついつい食べてしまうお菓子にはカロリーや糖の取りすぎの面で、かなりの不安材料があります。

 

見た目がきれいでとても美味しそうに見えるお菓子、不自然な色合いお菓子は着色料などを豊富に使っています。

 

 

そこで、日本には昔から和菓子という自然に取れた食材でお菓子を作る技があります。

 

ケーキのように生クリームやバターを使わなくとも十分美味しくいただける本格的な和菓子であれば甘さもかなり控えめに作れて体にも良い優れたお菓子です。

 

和菓子には、見た目がとても美しいものが多いですね♪

 

味が美味しいというのもとても大切ですが、視覚で楽しむのもとても重要です♪

 

【食育】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

食育スペシャリストの講座はどのような資格と相性が良いか?関連するページ

講座とはどのようなものか?
技術とは
講座を習得して役に立つことは?