ワインエキスパートとはどのようなものか?

MENU

どのようなものか?

ワインソムリエやワインアドバイザーと同じく、日本ソムリエ協会が認定する資格の一つです。

 

ワインソムリエでは、飲食関連の職業での実務期間が5年以上。

 

ワインアドバイザーでは3年以上の勤務が受験資格であるのに対しワインエキスパートの受験資格は、実務期間などを問われません。

 

 

お酒が飲める年齢の20歳以上ならば、性別や年齢に関わらず誰でも受験できる資格です。

 

受験資格は、ソムリエやワインアドバイザーよりもハードルが低いですが難易度に関しては、他の二つの資格と同様でかなり高いといわれています。

学科試験と実技試験

合格するには、やはりある程度の期間、教本による独学や、ワインエキスパートのスクールに通い受験の準備をする必要があります。

 

スクールでは幅広い年齢層の方が受講されています。

 

ワインエキスパートとソムリエの違いは簡単に言うと販売する目的と後者はアルコールをレストラン等で提供する人の違いになります。

 

エキスパートの資格を先にとり経験をつみソムリエを目指す人が多くいます。

 

定年退職で時間がありワインについて知りたい人、ワインショップを経営など、それぞれ夢を持ち共通のワインというものがあるのでスクール後仲間とワイン会を開くこともあるとのこと。

 

スクール仲間と飲みに行き互いにテイスティングしあうといったこともできるのが楽しくもありいい実技練習になっていると、受講生が目を輝かせて話してくれました。

 

テイスティングの実技試験もあるので様々なワインを飲み比べてみることも重要な勉強になります。

 

テイスティングの実技試験があるということはある程度アルコールが飲める方でないと取得は難しいということにもなります。

 

試験は1次と2次の二つの試験があり1次試験は学科試験です。

 

試験内容はソムリエとほぼ同じ内容のものがマークシートで出題されます。

 

歴代の出た問題をスクールや通信講座のテキストを参考にして勉強すれば合格がぐーんと近づきますね。

 

ワインの歴史や、産地などのワイン概論。

 

産地別のワインの管理方法、公衆衛生などについても問われます。

 

ワインの管理方法ですがボルドーの赤は16度くらい 甘めの白は2度くらいとワインの種類によりまったく違います。

 

そのため管理方法も詳しく知っておく必要があります。

 

2次試験は実技試験と口頭での質問試験になり実技試験では、4種類のワインをテイスティングしてそれぞれのワインの産地や、年代品種などを判別するという試験が出題されます。試験は年に一回、8月に実施されます。

 

1年に1度の試験なので申し込み日や試験実施を逃さないようにチェックしておきましょう。

 

【ワインエキスパート】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

ワインエキスパートとはどのようなものか?関連するページ

相性のいい資格とは
技術とは
取得して役立つこと