ラッピングディレクターの技術とは?

MENU

技術とは?

技術と聞いて思い浮かべるのは綺麗なラッピングを素早くこなすことですが、大切な技術はそれだけではありません。

 

いくら、お店で早く包める技術があったとしても、包むものに合った包装紙や、リボンの選び方を間違えると、プレゼントも台無しになってしまいます・・

 

購入してくれた人の要望を頭に入れて、そして、贈る相手の事も考え瞬時に判断できることも大切です♪

 

贈る人の気持が伝わるギフトのラッピングをするために使用する素材を選び、カラーコーディネートを行います。

 

ラッピングの素材と色によって、贈り物のイメージはガラリと変わるので素材、カラーの選択は非常に重要です。

 

ラッピングディレクターは、素材、カラーに関する深い知識を持っていますので贈る人の気持を考えた適切なラッピングを施すことができます。

 

ラッピングと聞くと、包むという事がまず頭に浮かびますがとても奥が深いものなのです。

 

得に女性は見た目に敏感ですので、その性質を生かせる資格と言えます。

贈り物にもう一つの命を与える技術

また、最近多くなってきているのが、個性的なラッピングです。

 

個性的なラッピングについては、素材や色はもちろんのことギフトラッピングそのものの形についてもラッピングディレクターのイメージでお客様に提案することができます。

 

実際に、イメージした形には、お菓子の形をしたものや動物の形をした個性的なラッピングに適さない難しいものもありますが、それらも綺麗にラッピングする技術を備えています。

 

繊細な技術が必要になってきますが、まずは、可愛いものが好き、包むことがとにかく好きなどそんな気持ちさえあれば、誰でも目指せる資格です。

 

何かものを作るのが好きな方にもとても向いています。

 

編み物や、手芸などは出来上がったものなどをイメージしながら作っていきますので、感性がラッピングと似ています。

 

昔は、包装紙や、ラッピングに必要なものは、単調なものが多かったのですが今は、繊細なデザインや、個性が光るものがとても増えてきています。

 

包む楽しさももちろんですが、選ぶ楽しさもラッピングの魅力の1つです♪

 

自分や、お客様のイメージをラッピングという形で表現し、贈り物にもう一つの命を与える技術。

 

これがラッピングディレクターの技術と言えるのではないでしょうか。

 

どんなものも、技術さえ身に付けてしまえば、ワンランク上の素敵なものに変身してくれます♪

 

そして、何よりお客様の喜んでくれて感謝して頂ける資格です♪

 

【ラッピングディレクター】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

ラッピングディレクターの技術とは?関連するページ

どのようなものか?
相性がよいの資格とは?
役に立つことことは?