色彩検定の技術とはどのようなものか

MENU

技術とはどのようなものか

漠然としたイメージの人が多く、またセンスの問題だと感じる人もいると思います。

 

しかし色彩の世界は奥が深く、意外に論理的な世界です。

 

見るということが色といつ風に思うのは当たり前ですが、視覚だけが【色】ではありません。

 

私たちのとても身近にある色には、体だけではなく心にも大きな影響を与えるのです。

 

たとえば・・・

 

毎日の食生活の中にもたくさんの色がありますね♪

 

ただ、美味しそうに飾り付けをしただけでは、人間の食欲はあまり刺激されません。

 

色を上手に組み合わせることにより、より美味しそうに見え、食欲も増進します!

 

毎日の着るもの、ファッションも色が大変深くかかわってきます。

 

明るい色を着れば、気分も不思議と明るくなります。

 

しかし、TPOもちゃんと考えなくてはなりません。

 

葬祭の席に、明るい赤やオレンジといった服を着ていく人はいませんよね?

 

そういったように、私たちは知らず知らずのうちに色を選び、色の中で生きていると言っても大げさではありません!

 

その色彩を多面に渡り、体系的に理解している証明となるものです。

 

その内容は3級・2級・1級となるにつれ専門的になり、1級ともなるとかなり難易度が高くなります

 

試験の内容は幅広く、「色」だけでなく色の関係している事柄まで問われます。

 

具体的には色の名称・色の働き・色の表示・色の仕組みといった色自体に関する知識からヒトが色を認識する上で切っても切り離せない光や視覚器官の構造、配色の仕方・イメージ・技法といった配色に関する事柄。

 

ファッションの配色・流行・商品企画・ビジネス、インテリアのカラーコーディネーション・照明・素材、エクステリアや景観といった色自体とは一見関係のないようなことにまで及びます。

 

 

1級になるとさらに自動車や家電といったプロダクトに関係する内容も勉強する必要があります。

 

このよう色彩の技術を身につけると就職率も同然アップすることになので最近注目度があっぷしているの理由のひとつでもあります。

仕事上でのスキルアップ

そのように色彩に関係した幅広い知識について学習して取得出来るので

 

  • ファッションデザイン
  • インテリアデザイン
  • グラフィックデザイン
  • メイクアップ
  • スタイリスト
  • 販売士
  • 広告
  • 企画

 

といった様々な業界・職種で生かすことのできる技術が身に付きます。

 

また、就職や転職の際に有利なだけでなく、現在している仕事上でのスキルアップにも役立ちます。

 

 

【色彩検定】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

色彩検定の技術とはどのようなものか関連するページ

どのような講習なのか?
習得して役に立つことは?
相性が良い資格とは?